トップ > カフェ

Cafe2021 | Cafe2020 | Cafe2019 | Cafe2018 | Cafe2017 | Cafe2016 | Cafe2015
Cafe2014 | Cafe2013 | Cafe2012 | Cafe2011 | Cafe2010 | Cafe2009 | Cafe2008


DOCTOR CABINET

2021年6月14日

この時期、我が家はツバメで溢れかえっています。
娘が生まれた年。幸せのお裾分けで、車庫での巣作りを見守ったのが8年前。
年々増えて、今年は7組のカップルが里帰りしてきました。子育て期間中は、車庫を明け渡し、早朝にシャッターを上げてやるのが日課。ウォーキングの後、賑やかな光景を眺めているのもまたリフレッシュ。

今日は、久しぶりの登場。ドクターキャビネット。
言わずと知れた「医療棚」ですが、ディスプレイなんかを雰囲気良く楽しんでいただけるロングセラーアイテム。

ドクターといえば、ホワイト系のペイントが人気。
ある意味、王道のイメージカラー。
今回、京都のお客様へお届けしたのは「ウォームグレー」
初めてでしたが、結果は大正解。
真鍮ハンドルとのバランスも良く、温かみもあり落ち着いた感じに仕上がりました。

ハーベストでは、各アイテムをご希望のカラーリングでお届けします。
どうぞ気軽にご相談くださいませ。

Nomura


Made to order

2021年5月30日


世間では木材不足が「ウッドショック」と報道され、「ハーベストさんは大丈夫?」とお尋ねが。
ハイ。手元にある程度抱え、買約の国内ストックもあり、当面は大丈夫。ご安心ください。
ただ、丸太の価格、輸送費など間違いなく上がっています。
次の仕入れは・・・ お〜怖っ

今日は、オーダーシェルフのご紹介。
こちらは、都内にお住まいK様からご注文。
お持ちのデスクに合わせて、シェルフをお作りしました。
トップにはアーチ加工。サイドにはルーターで3本ラインの加工を。
カラーは「ステイン・ゴールド」で、グッと大人っぽく。
ハーベスト得意の「ブリティッシュ」「アンティークスタイル」が香ります。

今回、収納量も重視で、デスクシェルフとしては大型のW1200/H1500o
お客様からの提案で分割式に。
設置後、上下キャビネットをボルトで固定するスタイル。
これなら、遠方への発送、2階への搬入も問題ナシですね。

へビーユーザー様の中には、こうしたオーダーメイド派がけっこうおられます。
自分好みのデザイン、仕様が現実に家具となる。
仕上がりが、イメージにピタッとハマった時、それは格別の喜びとなることでしょう。
いちどお試しあれ。

Nomura




X-BACK

2021年5月21日


4月末が有限会社ハーベストの決算。
今月に入り、決算処理にヨーロッパからコンテナ到着。
自社工場(こうば)本格始動。スタッフ増員。などなど。
他にも会社として大きなジャッジをする場面が次々と。
今期はハーベスト「激動」の23期となりそうな予感。デス。

さて。家具の紹介へ。
お話ししていたチェアも、ドッカ〜ン♪と入荷。
あっちこっち倉庫もイスだ〜ら〜け〜。
どれから手をつけていいいか分からない状態ですが
まずは、イントロ済みのこのチェアから。

○クロスバックチェア
size W440/D480/H820(SH450)o
price ¥35,000+tax

入荷前の事前案内も好評でした。
先行予約で入荷待ちいただいた某社ショールームへ即納品。早速の「おかわり」で、新店舗用にたくさんの追加注文もお伺いできました。
魅力満載のクロスバックチェア。この回だけでは、納まりそうもないので、詳細はまた改めて。

Nomura


mail order

2021年5月14日

さすがに今年のゴールデンウィークは静かでした。
例年なら、旅行や行楽をかねて。なんていう遠方からのお客様さまがけっこうお見えでしたが、今年はナシ。
それでも。ありがたいことにメールや電話でのご注文はしっかりアリ。
このコロナ禍で、ますます通販会社化するのを実感。
といっても、機会いただける方は、ぜひ店頭へもお越しくださいね。
店頭、メール問わず、全力ご案内中です。

さて、家具のお話し。
昨年からソファの販売数がグンッとアップ。
きっと皆さん、おうち時間の充実に向き合っておられるんだと思います。
そこで「快適ソファ」探求。過ごす時間も長いので当然と言えば当然ですね。

画像は、アンドリューソファ(向かって左)とビアンカソファ(右)
張り生地は、英国王室御用達サンダーソン社のストライプ[sutton]
トラデショナルなテイストながらも、色使いはフレンチカラーの軽やかなコンビ。主張しすぎない優しいストライプとなっています。お部屋も品よく華やぎそう。

アンドリューは、東京のお客様へ発送分。
ご新居用にダイニングセットや他キャビネットと合わせ、メールでのご注文。ソファの張り生地もカットサンプルをお送りして、選んでいただきました。
「通販でも安心」をさらにすすめてまいります。

Nomura




G・W

2021年5月2日

新しい工場(こうば)もいよいよ始動。
電気工事。トイレ水回り工事も完了。
大方の木工機械も配置できて、それらしくなってきました。

画像はチョットまえ。
重機やさんに機械の搬入をお願いした時のモノ。
機械は、数年前から工場立ち上げの為、ちょこちょこ集めていました。
予算の都合で、多くは中古。中には、年代物も混じっていますが、頑丈な日本製機械は手入れ次第でまだまだ活躍しそう。

休みの間も、こんな機械たちの掃除やサビ落としで、楽しく工場へ出勤。
フキフキ。ナデナデ。グリスアップしてます笑

明日から、ハーベストも店休。
5月3日(月)、4日(火)、5日(水)
がゴールデンウィーク中のお休みとなりますので、特にご遠方の方。お気をつけください。

それでは、皆さま良い休日を。

Nomura


入荷しました!

2021年4月27日

業務連絡。
お待たせしました!
イギリスから第一弾コンテナがとうちゃく。
チェア入荷お待ちいただいている客さま。
順次、仕上げてお届けしてまいります。

このコロナ禍で、コンテナ運賃は過去に経験ない値上がり。
これには目ダマが飛び出ましたが、一方イイこともあり。
欧州メーカーは販売不振で、日本ハーベスト向けに熱心。
まとまった仕入れで、今までかなわなかった商談が成立。
それも複数のメーカーで。その一つがコレ。

チラ見せですが。
ちょっとイイ工場の雰囲気あるチェア。
背もたれの加工も曲げ木で凝ってるんです。
サスガに今回、現地訪問は実現しませんでした。
そのぶん。メールでプッシュプッシュ。

到着した実物もやっぱりナイスぅ。
これから、店頭品も仕上げていきます。
と〜〜っても楽しみ。

Nomura




オークスツール

2021年4月17日

道すがら。
ブカブカの学ランにピカピカのヘルメット。
チョット幼さも残り、いかにも新入学。
ウチのドラもそんなひとり。
“こども”でなくなりつつあります。

さて、今日の家具。
ご注文の続いたオークスツール。
ちょっとしたスペース、タイミングで重宝な一台。
座面に「手がかり」もあって、持ち運びラクラク。
置くだけで絵になります。

また、インテリアのポイントとして、カラーでも遊べます。
こちらのお客様は、ツートーン仕上げ。
座面「ステイン・ライト」、本体「F&B オールドホワイト」
その他、お好みでカラーお選びいただけます。

オークスツールも現在、完売中ですが月末に再入荷予定です。
今後も納品が続きますので、また実例ご紹介しますね。
店頭の展示品も、皆さんの“おとも”でいつのまにかなくなってしました。
カウンタースツールと合わせて、店頭品も近日復活。

Nomura


価格変更のお知らせ。

2021年3月31日

ヨーロッパで足止めだったコンテナ1本目が間もなく入港。
11月のメーカー工場だしから長い道のりでした。

以前お伝えしたとおり、コロナ禍で世界的なコンテナ不足。
一時期、コンテナの海上運賃は3倍のコストでした。
若干落ち着いた今も、以前の2倍が続いています。

つきましては、ヨーロッパ製チェアの販売価格の変更を予定しています。
変更時期は6月1日より。
現在、多くのチェアが完売となっていますが、新入荷分も6月マデは現行価格にて対応いたします。

今回到着のコンテナでは、NEWチェアを含め約500脚がド〜ンと入荷。
今がチャンス?
間違いナイです。

Nomura




工場(こうば)契約しました!

2021年3月19日

念願の社内製造。
第一歩を踏み出しました。

敷地面積もそこそこあって2階建て。
もと工務店さんの工場兼倉庫で、電動クレーン設備があるのも嬉しいところ。
これで、大型トラック横付けで、カナダからの材料もらくらく荷下ろし。
一目ボレ。良いご縁でした。

ハーベストでは、これで4棟目となる倉庫物件。
1棟目 ショールーム兼事務所
2棟目 木材・材料用倉庫
3棟目 チェアほか白木在庫用倉庫
4棟目 NEW 社内工場

ハーベスト創業から22年。
ボチボチ。チビチビ。前進中!!
工場稼働までの進捗も、またご報告しますね。

Nomura


Strawberry thief × Bianca

2021年3月11日

震災から10年。
被災された家具のメンテナンスをしたこと。
ブランクの後、励ましのメッセージ付きでご注文があったこと。
いろいろと思い出されます。
ウ〜ン、あっという間。

では行きましょう。今日の家具。
前号に続き、ウィリアム・モリス。
ファン垂涎のイチゴドロボウとビアンカの組合わせ。
流れるような曲線ボディとジャストなサイズ感のビアンカソファ。
どこか軽やかで、モリスとの相性も抜群。

以前、ブルーベースの生地で張ったのを紹介しましたが、今回のブラウンもまた素敵。グッとシックな装いになりました。脚のカラーは、重くなりすぎないよう「オールドパインカラー」でバランスをとっています。
座らずに飾っておきたい?ホントですねぇ。
でも。やっぱり座って気分を上げてくださ〜い。

「家具で、暮らしを豊かに。」
これがハーベストの願い。
大好きなモリスとのコラボは、まだまだ続きます。


Nomura




Daisy

2021年2月14日

イギリスからコンテナ1本やっと出港しました。
日本到着は、3月末から4月です。
多くの方にお待ちいただいているスティックバック、コームバックもやっと目処がたちました。
到着までもうしばらくお待ち下さい。

スミマセン。チョット間隔あきましたが今日の家具。
こちらは、東北のお客様にお届けしたキャビネット。
標準的なカップボードよりも少しスリムで小ぶり。
リビングなどにもスッキリ置いていただけるサイズ感。
一緒にご注文くださったデスクと天板ラインを揃えて、また見やすいですねぇ。
オープン部分のアーチも効いています。

あらっ。。気づかれました?
ソウ。背板にはウイリアムモリスのデイジーのウォールペーパーをはめ込みました。
可愛らしく華やかな柄行きは、モリス代表作の一つ。
「特別なキャビネットですよ。」っていうのをイヤ味なく表現しています。
いつもながら。サスガのモリスです。

ソファの張り生地やカーテン以外でも、こんな風にモリスをお楽しみいただけます。
まだまだ。いろいろ。ご紹介したいモリスが山盛り。

Nomura


ROUND TABLE TURNED-LEG

2021年1月24日

COVIDの影響で世界的なコンテナ不足。
コンテナ2本分700脚近くのチェア。
ハーベスト史上で最強の仕入れを行いましたが、欧州でまさかの足止め。
現在、船便のブッキングをプッシュ中。
想定外。輸入にはいろんなことが起こります。

さて、家具のご紹介。
以前に少しご案内しましたが、ラウンドテーブルには、四本コーナー脚のターンドレッグ仕様もご用意あります。
中央脚ペデスタルも特徴的ですが、大きめサイズの安定性なんかはこのターンドレッグに軍配が。
姿も良いでしょ。

こちらは、東京のお客様へお届けしたサイズΦ1200。
カラーは[アンティークブラウン]
最近、さらに人気コンビ化が進む[スティックバック]と[コームバックチェア]の組合わせ。
ラウンドテーブルの雰囲気にもスッキリ。ピッタリ。

両チェアとも完売中ですが、冒頭の入荷予定分でしっかり各100脚以上仕込んであります。
イギリス出港までもうしばらくお待ち下さい。
ご予約も受付中です。

Nomura




本年もよろしくお願いします。

2021年1月8日

年始の休暇もそこそこで切り上げ、
「一年の計は元旦にあり」
ひとりコソコソ物件探し&求人募集。
製造部門の増強へ“待ったなし”
良いご縁がありますように(祈)

6日より店頭も始動。
たくさんのオーダーFAX&メールで嬉しいスタート。
出荷の方もアクセル踏み込んでいきます。

いろいろとバタバタで、行き届かぬ点も多々。
相変わらずのふつつかモノではありますが
本年もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。





Nomura


●このページの最初へもどる●