トップ > ポリシー

Policy


ハーベストの家具は
百年前と変わらぬ、イギリスの伝統的なスタイルと製法で作られています。
無垢のパイン材が持つ素材感を生かすため、華美な装飾をそぎ落とし
長く使い続けられるベーシックなスタイルにこだわりました。

素  材

イギリスで「キューベックイエロー」と呼ばれるカナダ産ホワイトパイン材を
主材とし、脚部や引き出しの内部、背板には北欧産のアカマツを使用しています。
中でも「キューベックイエロー」は、反りや縮みによる狂い等が少ない、
良質なパイン材とされています。カナダでは、このパイン材で建てられた
200年以上前の家屋が今も多く残っています。
そんな良質な「キューベックイエロー」で作られた家具は、
近年生産量の減少と価格の高騰により本国イギリスでも希少品となっています。


メーカー

テーブルやキャビネットの多くは、
英国提携メーカーによってハーベスト・オリジナルとして作られています。
シャーウッドの森のロビンフット伝説も残る、
イングランド中部に位置するノッティンガム地方。
緑豊かなカントリーサイドのイギリス家具職人の手によって家具は生まれます。
サウザンプトン港よりコンテナ船で一ヶ月の船旅の末、日本へ入荷してまいります。

日本製もまた提携工房の職人により、
伝統的な英国スタイルで1台1台丁寧に手作りされています。


組  み

ダブテイルと呼ばれる「蟻ぐみ」をはじめ「組み」を基本とした、
長年の使用に耐える丈夫なつくりです。
ベニヤ板は一切使用せず、背板、引出しの内部にもパイン材を使っています。
組み上げる際に使われる接着剤は、
各国の基準をクリアしたホルムアルデヒドを含まないものですので
化学物質が苦手な方にも安心してお使いいただけます。


仕上げ作業

白木の状態で入荷した家具は、
日数をかけ丁寧にサンディングなどの木地調整作業が行われます。
その後、ドイツオスモ社の無公害ワックスを手作業でスリ込んでいきます。
乾燥後、再度ワックスを塗装し、2度塗りを行います。
検品後、真鋳製のエンブレムを付け、お客様のもとへ…。

真鋳のエンブレムはパイン家具同様、年月とともにいい色合いに変化していきます。
エンブレムなしをご希望のお客様は事前にご連絡ください。