トップ > カフェ

Cafe2017 | Cafe2016 | Cafe2015 | Cafe2014 | Cafe2013 | Cafe2012
Cafe2011 | Cafe2010 | Cafe2009 | Cafe2008 | Cafe2007 | Cafe2006 | Cafe2005

NEW コーヒーテーブルwithシェルフ

2017年12月10日

 作業場のFMラジオでは、クリスマスソングが勢力を拡大中。
うちのドラ達も、毎日、分厚いおもちゃのチラシとにらめっこ。
そんな季節となりました。
こっちまで、なぜかソワソワ(笑)

今日は、コーヒーテーブルを。
イギリス製で、長年の定番だった棚付コーヒーテーブル。
日本製への切り替えにあたって、「コレは大幅にイメージを変えたい!」という衝動にかられました。
先ずは、全体にスッキリムードにしたかったので、ロクロ脚を細めテーパードラインへ。本丸は、天板両サイドの[D-end]加工。以前から、何かのアイテムに採用したいと温めていました。

リビング、ソファの前で、この角のない天板はとっても有効。
見た目にも、人の動きにもやさしいグッドデザインです。
以前だと、ソファとTVボードを決めてからコーヒーテーブルという方が多かったですが、最近は、このコーヒーテーブルに合わせてTVボードを。というパターンも増えてきました。
さっそくの好評です。

トラディショナルはもちろん、モダンなインテリアにも似合いそうですね。

詳しくは、コチラ

Nomura


ビクトリアン6DWサイドボード

2017年12月01日

 今日から12月。
いろんなことが、さらに慌ただしく見えはじめたのは気のせい?
先週と今週は、価格改定前の「怒濤の駆け込み」で、余計に「師走」感でているのかもしれません。

今日ご紹介したいのは、先日、東京のお客様からいただいたこの画像。あまりにキレイで「お客様の声」だけでなく「ぜひ、cafeでも。」とお願いしました。

十数年前にイギリスのアンティークで心つかまれた6ドロワスタイルのサイドボード。イギリスメーカーでオリジナルが作れることになり、その一番手でした。英国製時代には、コンテナ入荷前に予約で完売なんてこともしばしば。国内生産に切り替わり、最高の素材とのマリアージュで、さらに磨きがかかりました。

「こんなふうに」とイメージして生まれた家具が、お客様のもとで開花した瞬間。
しつらえ、表現もお美事。ミラーとの組合わせも素敵で、とても勉強になりました。
このスペースは、リホーム中に設計士さんと相談してサイドボードコーナーとして確保してくださったのだそうです。

果報者ですね。

ビクトリアン6DWサイドボード

Nomura


オールドパイン ダイニングテーブル

2017年11月22日

 寒くなりましたねぇ。
湖西の山々も峰の部分がうっすら雪化粧。
冬の到来です。

溜まっていた、新商品の紹介ページも再開しております。
店頭では、アンティークファンの心をギュッとわし掴み。北米産の古材を使った【オールドパイン】シリーズ。大幅リニューアルから一年以上が経過。もう「新」ではない?(苦笑)

素材はホンモノ100年古材。それを現代の家具職人が、古材の個性と向き合いながらしっかりと組み上げています。なので、アンティーク家具にありがちな「耐久性は?」「使い勝手が...」な〜んて心配は無用なんです。安心してアンティークの風合いをお楽しみいただけます。

個人的なもう一つの見どころはこのターンドレッグ(ロクロ脚)。アンティークテーブルをお手本にしたデザインですが、ハーベストオリジナルに落とし込むのに少々苦戦。最終は、スッキリ&柔らかな曲線のベストマッチで大満足の仕上がりとなりました。
ターンドレッグの中でも大のお気に入り。

 詳しくはコチラ

Nomura


2DWデスク

2017年11月12日

 続いて、フェア開催中、デスクのご紹介。
今回はロングセラー、2DWデスク。

デビューから十数年。
小さな改良を加えながらも、殆どデザインは変わらず。
デスクの中では、販売台数No.1を毎年キープ。
不動のエースです。

シンプルでいて、それでも愛らしい。
サイズ感もソウ。「ちょうどいい」。
シェルフなんかのアクセサリーとの相性もバッチリ。
このワゴンとシェルフとの組合わせが「ゴールデンセット」といった感じでしょうか。
もちろん、デスク単体でも、じゅうぶん絵になります。

宮城県のお客様へお送りしたゴールデンセットは「アンティークナチュラルカラー」。
これからのエイジングが楽しみですね。
ゴールデンセットは、ご入学記念にもピッタリ。

Nomura


ホワイトオークデスク

2017年11月04日

 先日、メンバーのお客様へ「デスクフェア」のDMを郵送しました。早速、数件のご注文もお伺いでき、嬉しいスタートです。ありがとうございます!

DM掲載のデスクへ「このデスクを購入できますか?」と続けてお問い合わせアリ。
ハイもちろん。こちらホワイトオークのデスクです。

パイン材に比べて「堅さ」のあるオーク材では、各部材をスリムにできるので、全体にスッキリムード。ロクロ加工のラインなんかもシャープに映ります。

また「硬質で凹みにくい」という特性は、書き物をするにも便利。さすがに木目があるので「ダイレクトで」と言う訳にはいきませんが、ワークトップとしては何かと安心。オークのダイニングテーブルやデスクが指示されるのもこんなところからでしょう。

オトナ感も漂うオークデスク。
一生の友にいかがでしょう。

○ホワイトオークデスク *ターンドレッグ*
   W900(1DW) \123,000-
  W1000(1DW) \128,000-
  W1100(2DW) \136,000-


只今、詳細ページも準備中デス。

Nomura


DESK-FAIR 2017

2017年10月26日

 10月後半、ジワジワとデスクへのお問い合わせが増えてまいりました。シーズン到来。
いよいよ、恒例デスクフェアのスタートです!

もちろん。今年も特典ございます。
期間中(12月28日まで)のご成約で、デスクランプをプレゼント。
詳しくはコチラ

今日の画像は、仙台のお客様へお送りした書斎用デスクセット。
デスクは、W1200*ターンドレッグ*をW1500へサイズカスタムしました。ご夫妻さま並んで、ゆったりデスクワークをしていただけます。さらに、傍らにはサイドチェストをセット。収納もバッチリ。天板どおしがフラットになるので、さらにさらに広々。

デスクもご希望に合わせサイズカスタム可能ですヨ。
ドシドシご相談ください。

Nomura


価格改定のお願い。

2017年10月25日

 今日は、大切なお知らせがございます。
心苦しいのですが。。。
掲題のとおり、パイン家具の価格改定をお願いしなくてはならなくなりました。

ハーベストの血液といっても過言ではないカナダ産ホワイトパイン材。カナダでの生産、製材数も年々減り、さらに希少な素材となりつつあります。価格も上昇を続けています。

それでも。ハーベストは、ウエスタンホワイトパインで家具を作りたいんです!
この十数年で、やっぱりこの素材しかないと確信を得ています。
どうか、ご協力をお願いいたします。

価格改定の期日は、12月1日の予定です。
せめてご迷惑が少ないよう、約一ヶ月の猶予期間を設けました。ご検討中の方は、早めにご相談をいただければと思います。

Nomura


new TUDOR CHAIR

2017年10月21日

 超大型台風。逸れることなく上陸しそう。
みなさんお気をつけて。

では、溜まっているNEW-ARRIVALより
まずは、チューダーチェア。

イギリス中世の伝統的なスタイルを取り入れたチェアは、まさに時代を超えて愛され続けたデザイン。イギリスのチェアメーカーから送られてきた画像を見て、一目惚れしてしまいました。
細めのロクロ脚とスッキリした背もたれは、大人の魅力を感じさせます。

ハーベストの扱いでは初めてとなる布張り座面も新鮮。ファブリックは、奮発して豪華2タイプをご用意しました。
英国王室御用達サンダーソン社「カントリーストライプ」&人気のオリジナルフレンチリネン「フラックス」。どうです!ゴージャスでしょ。
表面だけでなく、高反発ウレタン内蔵で中身にも抜かりはありません。

ご家庭用はもちろん、店舗用なんかにも好適では。
もちろん、後年の座面メンテナンスもおまかせあれ。

TUDOR CHAIR
 size  W480/D465/H925
 price ¥35,000-

Nomura


ビクトリアン カウンター

2017年10月11日

 9月は嵐のように過ぎ去りました。。。
スミマセン。cafeのコーナーも少し日にちがあいてしました。発送業務も徐々に落ち着きを取り戻してきたので、またいろいろと情報をお伝えしていきますね。

ハイ。今日の家具です!
こちらは、四国のユーザー様へお届けしたオーダーカウンター。
すでにビクトリアンシリーズのカップボードやサイドボード等をご愛用なので、お揃いの雰囲気を大切に。&今回のご要望。
○オープンスペースにゴミ箱を収納。
○引き出しはいつもより少し深め。
○できれば、仕切り兼のカウンタータイプで。

背面の画像をお見せできないのが残念ですが、ご予算キープとなるよう、背板を両面仕上げにして裏側も半化粧にしてあります。タッカー等も目立ちにくい仕様で、カウンター使いでもOKだと思います。

  size W1200/D500/H850
  price ¥155,000〜

Nomura


お待たせしております。

2017年09月16日

 9月もアッというまに後半。
春先からの混雑がついに夏場も超え、秋本番に突入。

嬉しい反面、納品までにかなりの日数がかかってしまいご迷惑をおかけしております。
さらに、提携工房の作業場引っ越しの影響で、チェストやキャビネットの製作に遅れがでてしまいました。一部のお客様には、さらにお待ちいただくことになり、この場をお借りしてお詫び申し上げます。
今月いっぱいは、影響が残る見込みですが、来月には通常ペースに戻る予定です。

今日も家具の紹介をさせてください。
クラッシックな真鍮ハンドルがとっても効いているコチラ。関東のお客様にお送りしたビクトリアンTVユニット。ご新築にともない、わざわざご来店もいただき、沢山の家具をご購入くださいました。
カラーは、「ステインゴールド」。ハンドルはお客様の持ち込み。アンティークな佇まいで素敵ですぅ。
因みに、ハーベストでは、ハンドルやノブの持ち込み・セットも無料で承っております。気軽にご相談ください。

せかっくの三連休、モロ台風になっちゃいましたね。
お気をつけて。。。

Nomura


ビクトリア ソファ

2017年08月31日

 8月も最終日。
ドラの学校も始まり、家内の「しゅ・く・だ〜い」警報も解除。

さて、「ソファ祭り」も最終といきましょう。
〆を飾るにふさわしいモデルは、やっぱりコレVICTORIA。
ハーベストのフラッグシップ。至極の掛け心地を追求した“スプリーム”仕様。
座面のポケットコイルを含むダブルスプリング&良質フェザーで、「柔らかさ」と「しっかり」を絶妙なバランスで実現しています。

仕事柄いろんなソファに座って「心地」を確かめますが、いまだ「負けた。」と思ったことはありません。たとえ相手が、有名ブランド100万超えでも。
(あくまで好みを含みます。あしからず)

こちらのオーナー様も他ブランドショールームをハシゴされ「このソファなら」と決断されました。
因みにカバーリング生地は、奥様の「どうしても壁紙とお揃いにしたい!!」のリクエストにお応えして持ち込みOKとさせていただきました。

他ユーザー様からも毎度のアドヴァイス。
「この素晴らしい座り心地を、もっと多くの方に知ってもらわないと勿体ナイ」

御意。。。

Nomura


ホワイトオーク フォスターソファ

2017年08月18日

 皆さん、そろそろ夏休みも終盤でしょうか。
ハーベストもサクッとお休みをいただき、スバヤク全開モードに復帰しております。

休みを挟んで、まだまだいきますソファ祭り。
未だウェブサイトではご紹介できていませんが、店頭でしっかりポジションを確立しているホワイトオーク版のフォスターソファ。
なんなんでしょうねぇ。このスッキリ感。凜とした佇まい。パイン材とはまた違ったオーラ。

このソファのオーナー様もオーク材《プレミアム》ダイニングテーブル等と合わせてのご注文。ご新居をオーク材メインでまとめていただきました。
カバーリングのファブリックは、『レイクサイドリネン-ナチュラルストライプ』。
シンプルながらも上級の素材感を楽しんでいただける組合わせです。

オークフォスターは、この背面アーチもたまりませんね。

Nomura


アンドリュー ソファ

2017年08月09日

 今日もソファが3台仕上がってきました。
ここ一週間は「ソファ祭り」の様相。
渾身のソファシリーズをできるだけご紹介したく、暫くは「祭り」におつきあいくださいませ。

今日は、new new アンドリュー。
何度も改良、ブラッシュアップを重ね、創業から約18年間続くロングセラーモデル。多くの方に受け入れられてきたスタイル。安心感が違います。
さらに、新型になってからは風格さえ...
(超・手前味噌でスミマセン。)

こちらは、福井県K様からのご注文品。
ファブリックは、前号と同じロイヤルワラントを受冠する英国サンダーソン社[Brecon]。
絶妙に配されたコンビネーションストライプ。このカラーリングを厭味無くまとめてしまうところは脱帽のセンス。
ベースカラーは、[dove]。赤紫を含んだグレーの表現は、イギリスならではの深みのあるトーン。
生地の魅力だけでも、まだまだ話せちゃいます。

こんなソファが、おじゃましたリビングにあれば、
客人も「ムム、ムムム。や、やりますなぁ」
となること間違いナシ。

Nomura


フォスター ソファ

2017年08月05日

 休暇から戻ったら、ご注文分のソファがドッと仕上がっていました。
ファブリックとの組合わせのバリエーションからか、ソファの仕上がりは特にワクワクしますね。
新しいソファ工房さんとの出会いがあってからは、そのワクワクは「さらに倍」。

画像は、東京のお客様からのご注文。フォスターソファ。
フレームデザインは、パネル仕様でターンドレック加工。
ファブリックは、英国サンダーソン社[Brecon]のTeal-green。
「オリジナルカラー」のフレームにブルーグリーンをベースにしたストライプ柄がとっても爽やか。
お部屋がパッと明るくなりそうですね。

今回、S様はソファ体感の為、わざわざ新幹線でご来店くださいました。S様とは、6年前の東京展示会時からのご縁。目黒の会場で、持ち込んでいたソファ(サンダーソン社生地張り)で盛り上がったことが思いだされます。

ご縁の大切さ。ありがたさ。心に染みます。
ありがとうございました。

○フォスターソファ 2シーター
 ¥263,000〜

Nomura


リフレッシュ休暇

2017年08月04日

 ドラ達の夏休みに合わせ、私もリフレッシュ休暇をいただきました。

休暇の理想は、海を眺めながらのビール。
今回もバルコニーで「プッハ〜〜」とやっていると、横で見ていたドラ1号が、「おとうさん。コレのためにしごとがんばってるんやろ。」と三角目でスルドイ突っ込み。

ドラ2号は、膝にのり「ビールくさ〜い。」と言いながらもおつまみにしっかり便乗。
きっとそのうちリアルに「臭〜い」と言って寄り付かなくなる日が来るのでしょう。(コワイコワイ)

年に一度の家族旅行。
おかげさまの休暇でした。

(30年ぶりのVBやっぱりウマかった。)

Nomura


“スプリーム”カップボード

2017年07月22日

 今日は、朝から汗だく。
またカナダからホワイトパイン材の入荷があったので、体力部隊4名で闘ってきました。
イヤ〜暑かった。炎天下で汗だく。午前中でヘロヘロになっちゃいました。
昨日も大阪南港でオーク材の選品をしていたので、板との格闘は連チャン。しょうじき、炎天下の肉体労働は、なまくらアラフィフには堪えます(苦笑)
皆さん、労りながらボチボチいきましょね。

今日は、“スプリーム”カップボード。
<スタンダード>シリーズの充実で、カップボードに関してはチョットお久しぶり。でもやっぱり風格あります。
こちらは、サイドボードと合わせてのご利用で、収納力重視の*フルガラスタイプ*をチョイスされました。ガラスドアに施した組格子が効いてますね。デザインガラスとの組合わせで、中が見えすぎないのもイイところ。

○“スプリーム”カップボード *フルガラス*
  size W975/D450/H1900
  price ¥290,000-


因みにこちらのU様は、親子揃ってのユーザー様。
6年前にご実家に家具をお納めしたのがご縁の始まり。年々家具をご追加いただき、今回は、お嬢様のご慶事で、さらに嬉しいご縁となりました。
ぜひ実現して下さい「三代目」ユーザー様。

Nomura


ブレアラビット

2017年07月19日

 不安定な天候で、各地で局地的な激しい雷雨の被害が続出。
実は、ハーベストでも被害アリ。
店頭電源の漏電ブレーカーがぶっ壊れ、照明とBGMのない寂しい状態に。夕方には復旧しましたが、工事やさん曰く「落雷の影響も考えられます。」
もう天候異常が「通常」になっちゃいました。温暖化対策、今からでも遅くないヨ〜。

落雷ニモマケズ。家具ショウカイ。
ハーベストの十八番となりつつあるモリスソファ。
張り生地は、ブルーグレーがなんとも上品『ブレアラビット』。
昨年ご紹介のおり、東京のユーザー様が「ステキ。次は私も・・・」とご連絡をいただいておりました。この度、その宣言どおりのご用命。

フォスターソファのナチュラル&クラシカルな雰囲気に、ウイリアム・モリスのファブリックがホントに良く似合っています。

Nomura


ナチュラル

2017年07月07日

 あっという間に7月突入。で今日は、七夕。
ウチのドラたちも爺ちゃんに笹を採ってもらって、色紙で飾りつけなんかをしておりました。4才になる娘の短冊には、「ケーキ屋さんになれますように。」
アレ?あんた生クリーム嫌いじゃなかったけ?
とりあえず、兄を蹴散らす男勝りな願いじゃなくてひと安心。

画像は、ビクトリアンブックケース*large*。
デビュー以来、しっかり皆様の心を掴んで、ブックケースではダントツの人気。こちらのお客様は、前回ご購入のドクターキャビネットとお揃いの「ナチュラルカラー」で。

中濃度の「オールドパインカラー」なんかに比べてご用命の機会は少ないですが、やっぱり「ナチュラル」もキレイですね。
あるユーザー様が「育てていくカラーです」とおっしゃっていました。納得。。。
最初は、無垢な初々しさを存分に。その後、成長していく過程をじ〜っくり楽しめます。

子育てに通ずる?

Nomura


運送便について。

2017年06月22日

 唐突にヤマト運輸さんから「ヤマト便は、限られた小さなサイズしか取り扱いできなくなりました。」
と連絡がありました。あまりにも急で「ウソでしょう?」って感じですが、ヤマトさんもいろいろと大変ソウ。

頭を切り換えて、別会社の引越便「ヤマトらくらく家財便」さんと打ち合わせ中です。もう少し状況が整ったら改めて皆様にもお知らせする予定です。

とりあえず、HPでご案内している「通常便¥2,000」の利用ができませんので、暫くは、個別に送料をご案内する方向でお願いできればと思います。
何はともあれ、今月末までのフェア特典「引越便が半額」がお得デス。是非、今のうちに。

もうイッチョ頭を切り換えて。今日の家具。
こちらは、鳥取県のお客様からのオーダー品。イギリスデザインのワイドブックケース。S様憧れのデザインだったらしいのですが、本国で廃盤となり手に入らなくなったそうです。で、弊社へご相談いただきました。

前面のロクロ飾りとスリット。アーチ加工も「ならでは」デスネ。
イギリスデザインは、ハーベストの十八番。こんなオーダーメイドのご相談も気軽にどうぞ。

Nomura


MADE IN ENGLAND

2017年06月17日

 ここ暫く、定休を利用して家具工房めぐりをしています。
嬉しいことに「アニバーサリー・フェア」も盛況。慢性的にご注文に対して製作が追いつかない状態が1年以上続いています。増産体制を整えるべく、ハーベストでは協力いただける家具職人さん募集中。これをご覧の家具職人の方、興味あれば、是非ご連絡ください。

それでは、きょうの家具。
こちらは、広島県のユーザー様へお送りしたコンソールテーブル。
そう。オープンスペース中程に可動棚も追加され、さらに使い勝手もアップしております。

コチラ、残り僅かとなった[MADE IN ENGLAND]
本場のホンモノ。今後、この価格&内容では、もうお作りできないでしょう。
画像のW1200とW900とも、数台のみ在庫ございます。

ストレートレッグコンソールテーブル 2DW W900
ストレートレッグコンソールテーブル W1200

早いもの勝ち!?

Nomura


ライリー 3シーターソファ

2017年06月01日

 6月に入りましたね。
好評アニバーサリー・フェアも折り返し。
後半も楽しみです。

ソファも好調。トントントンっとご注文が続き、引き続き数台のご商談が進行中。もちろんどのアイテムの注文も嬉しいですが、ソファまた格別。

ソファ全アイテムを“スプリーム”専用工房に統一したことで、さらに自信を持ってオススメできる内容となりました。ホントに店頭で実際に掛けられた方との商談はトントン拍子。座り心地と価格のバランスの良さを間違いなく実感していただけます。

遠方で、店頭にお越しいただけない方にも大オススメの理由アリ。ソウ。ハーベストのソファは、ご自身で着せ替え可能なフルカバーリング仕様。ある意味、消耗品でもある張り生地をソファ本体お預かりすることなく交換できます。これって長く使っていただくにあたって、と〜〜っても有意義なことなんですよ。

おまけに巷のカバーリングソファは、「いかにも」なカバーリングですが、ハーベストソファは、殆どの方が「カバーリングに見えません。」とおっしゃるくらいピシィ!としています。このライリーソファのアームのうねりなんかは「まさか...」の領域。そんじょそこらの職人ではマネできません。

因みにこのソファは、千ウン百キロ離れた南の島からのご注文。
全国の皆さまに『気に入った家具を永くご愛用いただく。』それがハーベストの永遠のテーマ。
チョット。いえいえ。かなり本気なんです。

“Supreme”Riley 3seater
¥349,000〜

Nomura


カナダより

2017年05月21日

 いや〜暑い。もう真夏ですなぁ。

そんなピーカンのなか、カナダからパイン材が到着。内容は言わずと知れた?カナダ産のウエスタンホワイトパイン。

この材料と出会ったのは、もうかれこれ15年前。イギリス老舗メーカーのパイン家具を見て「他とは何かが違う。。。」と感じたのが始まり。そう。そのオーラは、素材の違いからでした。
この素材に惚れに惚れ、紆余曲折もありましたが、現在のハーベストパイン家具はウエスタンホワイトパイン100%。この魅力を知ってしまうともう他のパイン材には戻れません。

文句ナシの逸材ですが、年々生産量が減り、流通は不安定化。
「ど〜してもコレでないと」のハーベストでは、産地で丸太を集めたり、良い板材が出た時は声かけしてもらったりと良材確保に努めています。
今回も約300枚の板材を無事に手当てできました。

頭のイタイのが仕入れ価格。。。
近々で少し販売価格の変更もお願いしないといけなくなりそうです。

狙いの定まっている方は、ぜひ早めにどうぞ。

Nomura


ホワイトオーク材 コーヒーテーブル

2017年05月15日

 5月もはや半ば。
今期はじめて半袖で出勤。まだ、朝夕には羽織モノ必須ですが、日中は初夏のムードです。
店頭の水冷エアコンもスイッチON。

今日は、ホワイトオーク材テーブルのご紹介。
パイン材とはまた違ったスッキリラインで、人気もしっかり定着してきました。

コンスタントにご注文いただけるようになったダイニングテーブルに加えコーヒーテーブルが新たにラインナップへ。早速、お揃いの「プレーンスタイル」のターンドレッグで北海道のハウスメーカーさんのモデルハウスに採用いただきました。

カラーは、ファロー&ボールペイントの「No.2009 CLUNCH」で。一見、ベタ塗りに見えますが、オーク材は木目が深いので、よく見ると木目も判ります。これもオーク材ならではの表情ですネ。

ホワイトオーク ターンドレッグコーヒーテーブル
  ○ W900/D550/H430 \84,000
  ○W1000/D550/H430  \91,000
  ○W1100/D550/H430 \98,000
  ○W1200/D550/H430 \108,000

手一杯でなかなか新作にかかれないのが歯がゆいですが、ホワイトオークも大切に育てていきます。お楽しみに。

Nomura


黄金週間

2017年05月05日

 今日は、黄金まっ直中、端午の節句。
皆さんいかがおすごしでしょうか。

わが家のドラたちは、友人家族のお世話になりながらキャンプやピクニックとアウトドアを満喫しているよう。日ヤケで少し赤くなった顔が、チョット羨ましいゾ(笑)
父は、ハリキッて仕事中。渋滞を乗り越え、わざわざ遠方からお越しの方多数で、ハーベストもHappyな連休にしていただいています。ありがとうございます(拝)

今日は店頭も少し静かめで、せっせと梱包作業中。
こちらは、愛知県へお送りするロッキングチェア。ロッキングチェアは、イギリス本国でも品薄が続いていて、暫く欠品になっていましたが、今回のコンテナでやっと確保できました。
未塗装品ですが、店頭でも展示を再開しましたので、よかったらユラユラしにいらして下さいね。
 ロッキングチェア

ハーベストは、黄金週間も心を込めて営業中。
メールでの問い合わせ&ご来店お待ちしています。

Nomura


18th Anniversary U

2017年04月28日

 やはりお待ち頂いていたようです。
アニバーサリーフェアのスタートとともに堰を切ったようにドッとご注文が入りました。
みなさまサスガ。

前号でお知らせしたようにフェア期間中は、送料がお得。加えてここ数年は、チョットした記念品をプレゼントしていますが、今年はコチラを。5万円以上のお買い物で、ド〜ンと45p角のクッションをプレゼントしちゃいます。

ハーベストは、プレゼントでも手抜きはナシ。
カバーの生地は豪華絢爛、ワールドクラスを揃えました。良質のオリジナルフレンチリネンをはじめ、ベルギーリネンの老舗リベコ・ラガエ。イギリス出張時にロンドンで仕込んだイアンマンキン。その他、ご存じローラアシュレイの生地なんかも入ってるんですヨ。
プレゼントなので生地の指定はご容赦願いたいと思いますが、どれが届いても必ずや喜んでいただけるハズ。届いてからのお楽しみってヤツですネ。

さあさあ。
感謝とお得が満載の「アニバーサリー・フェア」
盛り上がっていきまっしょい。

Nomura


18th Anniversary

2017年04月15日

 桜が満開。春本番。
やってきましたこの季節。
ハーベストの誕生日。18周年。

そう。「待ってました!」のAnniversary-Fair。
何はともあれ、お得な特典のご紹介。

特典1.
 期間中は、送料がお得。
 玄関口でのお渡し「通常便」が無料。
 荷解き、設置までお願いできる安心の「引越便」も半額。
 さらに北海道やその他遠隔地へも同条件でお届け。

特典2.
 18周年の記念品をプレゼント。
 今年は、クッション。(詳しくは次号で)
 かなりイイヤツですヨ。

期間は、6月30日マデ。
 2ヶ月間のお得満載パーティーのはじまりまじまり〜

Nomura


チェアコンテナ 入荷

2017年04月06日

 みなさんは、新年度スタートでしょうか。
お引越しやご入学される方、おめでとうございます。
まずは環境に慣れるまで「ホドホド」「ボチボチ」でいきましょう。
くれぐれも無理は禁物。

って、ハーベストでは、イギリスからチェアのコンテナが到着。で、てんやわんや。
かなりのお客様にお待ちをいただいておりますので、ガシガシ行ってます。

大ヒット中。ご予約多数のスティックバックチェアもバシッと100脚入荷。
ロースツール、ハイスツールは、早くも半数がご予約済。
年々、手配が困難になっているロッキングチェアは、入荷少量につき残りわずか。
チラッと映っている新作チェアは、今回さっそくの「おかわり」が。

チェアは、輸入品のため数に限りがございます。
お目当てのチェアがあれば、早めがよろしいかと。
今なら選び放題ですヨ。

Nomura


ストレージキャビネット カスタム

2017年03月31日

 前号に続き、カスタム仕様のご紹介。
エントランスキャビネッットと同じお客様で、沢山の家具をカスタム仕様でご注文くださっています。
「ドクターキャビネットをとても気に入っているので、ストレージキャビネットも・・・」とのリクエストでした。

仕上がったのがコチラ。
全体の奥行きを少し浅めにして、サイドもガラスパネルにされました。これで、中のモノにもしっかりと光があたり、ストレージがナイスなディスプレイキャビネットに変身。
どうですイイ感じでしょ。

カスタム費用は、標準仕様の20%アップのご予算。
オーダーメイドされるより、かなり割安だと思います。

現在、キャビネットは100%国内製作。
お客さまのご要望にかなりの範囲でお応えすることができます。
「こんなのがあればいいなぁ」とイメージが浮かんだら、先ずはお電話、メールにてご相談ください。

そんな「リクエスト」「ワガママ」が私の仕事の『種』となります。

Nomura


3Drエントランスキャビネット

2017年03月27日

 ドラ達の春休みが始まりました。
休みのワクワクからか、いつもにない早起き。
早朝から、人のベッド(それも頭のうえ)で跳ねています。
父は、シゴトやっちゅ〜の...

今日のご紹介は、エントランスキャビネットのカスタマイズバージョン。
本棚として使われるそうで、扉パネル部分をガラスに交換し、棚板も2枚でご用意。
カラーは、「オフホワイト」。
ツマミは「ガラスノブ」へ。

2Drと同様にブックケースやサイドボードとして、活躍の幅もますます広がりそう。この3Drなら圧迫感を抑えながらも、大容量にも対応できる収納力を発揮。

 ○ビクトリアン 3Drエントランスキャビネット


Nomura


LLOYD LOOM 1145

2017年03月17日

 暑さ寒さも彼岸まで。
風には少し肌寒さが残りますが、日差しはしっかりと春。
そろそろヒー○テック脱皮の季節か?

画像は、富山県Mさまにお送りしたロイドルームのカウンターチェア1145。
実は、気の利いたカウンターチェアって、探してもなかなかないんですよねぇ。ハーベストでもイギリスメーカーのシンプルなラウンドタイプのハイスツールが長年の定番となっていますが、「もうちょっとボリューム感ある方が。」とご要望の方にはコレ。

背もたれ、座面にも余裕があるのでゆっくりお掛け頂けますし、何より雰囲気がイイ。一見、コーディネイトが難しいカウンターコーナーにも見事なロイドルームワールドが広がりますね。
M様は、「カウンターでゆっくりと朝食を」ということで、シートクッションも合わせてお作りしました。
店舗用にもオススメ。

 ○LOYYD LOOM 1145
  size W450/D560/H1140(SH750)
  price ¥37,000
  ※シートクッション別売り

Nomura


《プレミアム》ホワイトオークダイニングテーブル

2017年03月15日

 三寒四温。みぞれ交じり。
今日は風も強く吹いて寒かったですね。
バンクーバーからの客人は、「カナダはモット寒いですヨ」と。
今朝は、カナダの木材ディーラーさんと商談。
ホワイトパイン材の板材、ポスト材、古材なんかの打ち合わせを行いました。

で、ホワイトオーク材の話に渡り、「年々値上がりしてますね...」
ハーベストのモットーは、「アンティークになるまで使える家具を日用品、道具として購入できる価格帯で。」
このままの販売価格が維持できるよう、しっかりお願いしておきました。
それでも皆さん。今が買い時カモ。です。

ホワイトオークテーブルにクラス感溢れる《プレミアム》仕様が登場。
すでにユーザー様も何件かおられますが、やっと先月からHPでもご紹介できました。
どうです。このロクロ脚。雰囲気あっていいアンティークに育ちそうでしょ。

詳しくは↓
 ○《プレミアム》ホワイトオークダイニングテーブル

ホワイトオークは、コーヒーテーブルなんかも仕込み中。
今後の展開が、私も楽しみ。

Nomura


ホワイトオーク カラーセレクション

2017年02月27日

 この春ブレイクの予感。ホワイトオーク。
嬉しいことにデスクとTVユニットも数点ご予約続きましたが、やはりダイニングテーブルがフォーカスされています。
ホワイトパイン家具で揃えられても「テーブルだけは、堅いオークで」とご希望の方もケッコウおられます。

ホームページへの掲載もサボっていましたが、お問い合わせが続き、慌ててオークのカラーチャートもアップしました。

で、オーク材のカラーバリエーションをご紹介。
基本は、パイン材と同様に無公害で植物由来のオイル仕上げ「オスモカラー」。

○ナチュラルカラー (左下)
クリア(無色)のオイル仕上げ。ありのままの発色と木目をお楽しみいただけます。そのぶん板毎の個性もそのままでますのでご了承を。

○ホワイトウッシュ (右下)
オーク材の深い木目を生かし、ホワイトの固形ワックスをすり込み拭き上げています。耐久性を考え、その上からクリアオイルで仕上げています。
硬質なイメージの強いオーク材ですが、こちらは「優しさ」「柔らかさ」を独特の木目出しで表現できるホワイトカラーです。

○ステイン-ライト (右上)
それぞれ淡色のステインとオイルで仕上げています。軽やかな色目とインテリアを選ばない合わせやすさが魅力。そんなバランスの良さが、バリエーション中、最も選ばれている理由です。

○ステイン-ゴールド (左上)
下地に少し濃度のあるステインを施し、アンティーク色のオイルで仕上げてあります。落ち着いた雰囲気の仕上がりは、アンティーク家具なんかとの相性も良さそうです。
オーク材の持つグレード感を存分に味わうことのできるシックカラー。

Nomura


ポートランドTVユニット カスタム

2017年02月20日

 春の引っ越しシーズンを前にご注文圧がスゴイ!
嬉しいバタバタが続いてます。
小さな充実感をかみしめながらの休日出勤。

昨日は、画像のTVユニットをお届けした関東のお客様から
「今、届きました。とってもイイです♪」と弾んだトーンの嬉しいお電話を頂戴しました。

こちらのポートランドTVユニットは、W1750/D430/H460のカスタムサイズ。
通常だと中央にガラスドアが2組くるレイアウトですが、引き出し収納を増やしたいとのご希望で扉は1組。
両サイドの引き出しは、上段を各2杯に分割。これが良い変化になってメリハリが効いたレイアウトに。オプションの真鍮ノブもスッキリながら良いアクセントになっていますネ。

カスタマイズの実例も、また紹介していきますのでお楽しみに。
(ボチボチ更新でスミマセン)

Nomura


NEW《プレミアム》ビクトリアン5段チェスト

2017年02月02日

 暫く寒さも和らいでいましたが、またキ〜ンと冷えてきました。
ドラは、近所の子供達と河原の天然ゲレンデで、連日のスノーボート三昧。
翌朝にその様子を聞きながら朝飯を食べるのが、ここんとこの日課です。

今日も新商品のご紹介。
といってもこちらも実績十分。
先月は、画像のK様邸も合わせ4台も納品がありました。

選ばれる《プレミアム》ビクトリアンチェスト。
その秘密は、引き出し前面のモールディング。これがしっかりイイ表情を作ってます。
ベストセラーは、程々高さの4段チェスト。
その他、豪華な9DWワイドチェストもグイグイきてますが、横幅スペースを節約してしっかり収納したい方にはこちらの5段がオススメ。下段の深引きが2杯になって、冬物厚手衣料もへっちゃらら。

《PREMIUM》VICTORIAN 2/4CHEST
  size W850/D475/H1195
  Price ¥158,000

Nomura


ROUND LOW-TABLE

2017年01月26日

 イヤ〜もう雪はカンベン。enoughです。
週初めからもう通勤がぐちゃぐちゃ。
ふつうなら片道1時間チョットのドライブ。
月曜なんかは、そこいらじゅう渋滞で、
往復8時間ちかくを車のなかで過ごしました。
未だ自宅の周りは、1mを超える雪の壁に囲まれています。

ハイ。仕事。仕事。
九州のユーザーさまより「丸形のコーヒーテーブル(円卓)を作って欲しいのですが」とご相談をいただき「了解しました。」
脚はもちのろんで、ターンドレッグ(ロクロ脚)。
L形ソファの中央に置かれるそうで、リビングがより柔らかな雰囲気になりそうですネ。
因みに座卓兼用にされるので、高さもH400oと低め。

1100Φ Low-Table
Price \108,000

ご希望サイズで製作可能ですので、気軽にご相談ください。
その他のアイテムもサイズカスタム大歓迎!!

Nomura


オールドパイン フォスターソファ

2017年01月16日

 今日は、滋賀県栗東も積雪20p。雪に埋もれてます。
寒さが腰にこたえます。負けてなるものか。
必殺。ヒー○テック極暖、超極暖の二枚履き。

さてさて、家具のご紹介。
今年のイッパツめは、オールドパイン材フォスターソファ1Pとコーヒーテーブル。どちらも年末にご紹介した県内K様邸へのお届け分です。
店頭で、これまた古材の魅力に一目惚れして頂き特別仕様でフォスターソファをお作りしました。
カバーリング生地は、こちらも天下無敵のウイリアムモリスwoven「FRUITS」。
どちらもステキと色違いでレッドとブラックをご注文。
古材のアンティーク感とモリスデザインが相性バツグン。
サスガの審美眼。にくいチョイスです。

今年のcafeもボチボチ、ユルユルいきますが、
「おっ。ケッコウがんばっとんな。」
「ハーベストの家具イイネ。」
と少しでもお感じ頂ければ幸いです。

Nomura


本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2017年01月09日

 明けましておめでとうございます。
スミマセン。
新年のご挨拶遅くなりましたが、ハーベストも5日よりバシっ!と始動しております。

休み中もやり残しの仕事と打ち合わせで数日は出勤。
今年度は、自治会長も仰せつかっており、諸事で「ゆっくり」というわけにはいきませんでしたが、それでも近くの多賀大社へ初詣へ。

パン。パン。多賀大明神さま。
社内安全。商売繁盛。(祈)

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

Nomura



●このページの最初へもどる●

●もどる●