トップ > カフェ

Cafe2019 | Cafe2018 | Cafe2017 | Cafe2016 | Cafe2015 | Cafe2014 | Cafe2013
Cafe2012 | Cafe2011 | Cafe2010 | Cafe2009 | Cafe2008 | Cafe2007 | Cafe2006


OAK STOOL  

2019年9月20日

朝夕は涼しくなりましたネ。
外出しやすくなったのか、連休もご遠方からの来店予約を沢山いただいています。
家具のお話しを存分にできそうで楽しみ♪

今日は、以前に少しご紹介したオークスツールを。
早くも店頭でブレーク中。先日もダイニングテーブル目当てのお客さまが「コレもイイなぁ カラーもたまりませんね」とカウンタースツール3脚をお供に。

王道「ナチュラルカラー」はもちろんですが、ツートーンカラーで遊んでいただくのもオススメ。スツールなのでそれほど主張しすぎず、スパイスでチョット冒険するのに程よいボリューム&ポジション。来客にも「ムムッ。やるな。」って感じになってもらいましょう(笑)

オークカウンタースツール
オークスツール

高さ調整なんかのご相談も承ります。
お気軽にどうぞ。

       Nomura


アニバーサリー・フェア 

2019年9月9日

お客様から注文の電話をいただき「アニバーサリー・フェア」をご案内。
「知りませんでした!嬉しいです!!」はよかったのですが、ユーザー様(メンバー様)からも「アレ?知りませんでした...」とのお声が続きました。

スミマセン。DM等もナシでアナウンス足りませんでしたネ。
おまけに「今年のデスクフェアは?」と他方お問い合せもアリ。
今になって必死のパッチでDM作成中です。(遅すぎやろォ)
で、アニバーサリー・フェアを10月31日まで延長しま〜す。

今日のワンカット。
九州のお客様にお届けするビクトリアンサイドボード。
カラーは「オールドパインカラー」
真鍮のオプションハンドルとノブでカスタマイズしていただきました。
脚元のロクロ脚も「プレーンタイプ」でスッキリと。
間もなく発送です。いつもありがとうございます。

「期限」でいろいろとオシリに火がついていますが、
皆さまに20周年のお得がドンドン発信できるようガンバリまっす。
ではでは。お楽しみに。

Nomura



WHITE OAK <STANDARD>

2019年8月31日

消費税アップの実感が湧いてきました?
ご商談の端々に「今のウチに・・・」を感じる今日この頃。
ご注文は日に日に勢いを増す感じですが、製作、仕上げ作業が追いつかず、納期がかなり延びてしまっています。
どうかご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。

さて、画像は県内のお客さまへお届けしたオークダイニングセット。
[ simple is best ]でチョイスされたのが、テーパードレッグテーブルにベンチ、スラットバックチェアの組合わせ。
ナチュラルカラーでの仕上げは、素材本来の良さがよりしっかり表現される気がします。
お部屋の景色もパッと明るくなり、エイジングなんかも楽しみ。

旦那さまの拘りは、ポイントとして入れられたフィドルバックチェア。
背板部分のみをファロー&ボール「No.31 RAILINGS]ペイントで。
センスのひかるアイコニックな一脚となりました。

今回は、ご両親から若いご夫婦が建てられた新居へのプレゼントなんだそうです。
「末永く」にピッタリ。ご家族皆様にとって思い出に残る記念のお品。素敵ですぅ
お手伝いできて光栄でした!!

       Nomura


ホワイトオークトップ 

2019年8月25日

サスガに少し涼しくなりましたね。
「何がなんでもビーサンと半パン!」
から「アラ。デニムもそろそろOKなのヨ。」
ってな感じになってきました。

画像は、横浜のお客様にお送りした“スプリーム”テーブルW2100。
天板はビシッと厚手のホワイトオークスペシャルでご用意しました。
カラーは、天板オーク材「ホワイトウォッシュ」×本体パイン材「オフホワイト」のツートーン仕上げ。素敵ですぅ。

当初は、オークアビーテーブルでご商談がスタート。
「理想のテーブル」と送っていただいた海外の画像には、ボリュームあるターンドレッグテーブルが。ムムッ。ほぼ“スプリーム”テーブル。
熱望されたのはそのカラーリング。そちらもほぼ(全く)ホワイトウォッシュでした。
で。最終は天板をオーク材、本体をパイン材というミックスで。この方がご予算を抑えながらもボリュームのあるターンドレッグスタイルをお楽しみいただけます。

お届け後スグに「とっても気に入りました♪」とメールいただきひと安心。嬉しい瞬間です。
こんな風にいろんなお話しや画像のやりとりの中で、だんだんと理想に近づいていくことってケッコウあるんです。最初は、確信的なお話しでなくてダイジョウブ。
まずは、雑談から。

Nomura



お客さまの声

2019年8月21日

先月末からありがたいことに「お客様の声」が豊作。
沢山のご感想をお寄せいただきました。

いつもは月に20〜30件お届けでハガキの返送率はウチ数件。(それでもありがたい。)
ここしばらくは返送率アップで、ご感想がと〜っても励みになっています。

画像は、関東のお客様へお送りしたエドワーディアン4段チェスト。
カラーは「ステインゴールド」
オプションハンドル「スワンネックハンドルL」
シックなアンティークテイストにカスタマイズしていただきました。

こちらも15年来のユーザー様。機会ある毎にご用命をいただき十数点の家具をご愛用くださっています。今回は、パティシエでもある旦那様用のチェスト。

また話戻って、皆さまからのご感想もお待ちしています。
ハガキ、メールをお寄せいただいた方には、粗品もご用意。
もちろんお届けから年月が経っていてもOK。しばらく使ってみての感想は、よりリアルで大歓迎です。

◆◆お客様の声◆◆

       Nomura


オールドパイン材

2019年8月7日

休暇や出張中。私が離脱中はオファー盛り上がる。
コレ。ハーベストあるある。
もう暫く休んでた方が、会社の為かも(笑)

バカ言ってないで、仕事に戻りましょう。
画像は、関東のお客様にお届けした<STD>オールドパインダイニングテーブル。
古材特有の味ある表情がたまりませんね。

100年以上の時を刻んだ、古い板材には一枚一枚しっかりと主張があります。
釘穴、鋸刃の跡、欠け、ヒビワレ等々。
また、一口に「パイン古材」といっても、古い建物からでる部材にはパイン以外の樹種も多く含まれ、針葉樹で近似種も現地では「パイン古材」と呼ばれています。クリスマスツリーなんかにするモミの木なんかも仲間です。なので、赤みのある板や少し黄色っぽいモノ。色々ミックスされています。

色・表情バラバラに見える板が、一台のテーブルやキャビネットとなった時、なんとも言えない雰囲気を醸し出します。
しっかりとした板の個性。
これこそが「本モノ」の証しとなるんです。


Nomura



ニンジン 2019

2019年7月31日

年に一度のリフレッシュ休暇をいただきました。

「豪遊?」と尋ねられれば
「イエイエ。地を這うような小旅行です。」

連日、海遊びに興じるドラたち。
子供って、あっという間にデカくなるんですねぇ。
もうあと何年いっしょに来れるのかなぁ
な〜んて。ちょっとセンチ入ったり。
五十オヤジのプライベートなつぶやき。
デシタ。

かげさまで、今年もご褒美ありました。
感謝。

       Nomura


アニバーサリー・フェア

2019年7月24日

一部のお客さまには、後で「しまった!!」のないよう先行してアナウンス済み。毎年恒例の「アニバーサリー・フェア」開催します。

例年ですと創業月の4月スタートですが、今年はNEWカタログ企画があったので、スライドしてのスタート。夏開催のホットなアニバーサリー・フェアでまいりましょう。

気になる特典は?
北海道、沖縄を含め全国へフリーデリバリー。
これをお待ちのファンも。記念の粗品。今年は画像のピロークッション。
ソファで枕代わりに。私なら車運転中に腰に当てておきたい。。。
などなど、コンパクトでじゃまにならないカワイイやつです。
生地は、十八番のオリジナルフレンチリネン。
カラー[フラックス]or[オフホワイト]からお選びいただけます。

詳しくはコチラ↓
20th Anniversary企画<第三弾>

ハーベスト20周年のお祭り。
まだまだお得が続きます。



Nomura



キッチンバックボード 

2019年7月21日

年に一度のリフレッシュ休暇を前に仕事。仕事。仕事。
一ヶ月くらい前までは待望の休みが楽しみで楽しみで。不思議なことに直前はスケジュールタイト故か、ちょっとブルー入ります。
完全燃焼にむけ最後の追い込み中。

今日の家具は、先般お届けしたキッチンバックボード。
ベースとなるビクトリアンサイドボードをサイズカスタム。
レンジを置かれるので、奥行きをD450o→D500oへ。
幅はW1500oで広々お使いいただけます。
定番品のカスタムバージョンなので、価格もあんがい利口なんですヨ。

扉部分は、観音開きが2セットで、大きなモノでも収納らくらく。
ホットプレートなんかもいけちゃいます。
奥様の笑顔が浮かびますね。

夫婦仲良くご来店いただくN様は、十数年来のいつきあい。
20周年目もまたご一緒いただけて幸甚です。
いつもありがとうございます!

       Nomura


FARROW&BALL

2019年7月15日

もしや今年は涼しい?
7月になってもエアコンがいらない日もあります。
とみせかけて。梅雨が明ければ、またガンガンに暑いんでしょうねぇ。
いまのウチかぁ〜

画像は、関東へお送りしたオーク<STD>ダイニングテーブル。
ツートーンカラー仕上げで天板は「ステイン・ライト」
本体は、リクエストでお取り寄せしたファロー&ボールの[Inchyra Blue 289]
ブルーとグレーの中間くらいの色目で、良いポイントカラーとなりそうですね。

ファロー&ボールは、ストックの定番色に加え他のカラーも取り寄せ可能です。
↓サスガ。。。と唸る魅力的なカラーが沢山ありますよ。
https://www.farrow-ball.jp/colour/

あなたのfavoriteカラーでのカスタムペイント。
ぜひ楽しまれてください。
相談もお気軽に。どうぞ。


Nomura



OAK STOOL                                 
                                                              2019年7月6日

月末の駆け込み。なかなかの迫力でした。
20周年のお祭りらしく賑やかにしていただき、嬉しい限りデス。
第三弾も間もなく。毎年恒例のアレです。アレ。

さてさて。今日は新商品オークスツールのご紹介。
ベテランのイギリス製ラウンドスツールもイイですが、こちらニューフェイスも魅力満載。

まずはそのサイズ感。両サイズとも英国製より高さが低めの設定。仮に脚先カットのご依頼があっても、少量ですむので外観バランスが崩れにくくなってます。
次に長方形ゆったりサイズの座面。緩やかにシェイプが施されオシリへのアタリも柔らか。
持ち運びに便利。中央には手がかり用の穴。「ニクイねぇ」

○オークスツール 
 W350/D280/H480mm
 \24,000 +tax
○オークカウンタースツール 
  W350/D280/H650mm
  \28,000 +tax

画像はできたてホヤホヤ、素地の姿。
只今、絶賛仕上げ中!でカウンタースツールの方は、ツートーンなんかにしちゃったりして。。。
めちゃめちゃイイ感じなんです。
乞うご期待。

       Nomura


ピュアモリス

2019年6月29日

店頭品がお嫁入りしてから、しばらく展示のなかった“スプリーム”ライリー。
ついにNEWファブリックで仕上がってきました。

生地は暫く前から決まっていました。というか、チャンスを狙ってました。
弊社でもfanの多い William Morris 。モチのロンで私も大・大好き。

『もし、モリスが生きていたら、どんなデザインをするだろうか。』
のテーマのもと、クラフトマンシップをベースに現代の空気により馴染みやすいテイストに仕上げられた新ブランド
『PURE MORRIS』。早く張ってみたかったんです。


その魅力的なパターンとテクスチャーから逃れられない、ウィローボウのウーブン(織り)。
肉厚でもって柔らかい。高質感にじみ出る最強ファブリック。
色はライトグレーと迷って、少し濃度のあるこちらの [Ink(インク)]にしました。
ブルーグレーの色目は、さりげなく存在感を放ちつつも、どんなインテリアにも厭味無く馴染む優等生。

世界最高峰の生地と至高の掛け心地。
そんなワールドクラスのソファがハーベスト店頭で体感いただけます。
(おおげさでスミマセン。)でもホントにイイんです。
日英のクラフトマンシップがビシビシ伝わってくる一台。

またまた熱く長めになりました。
モリスシリーズ。いつも尺が足りません。。。

Nomura



パイン フォスターソファ 

2019年6月10日

週末は、Anniversary-priceチェアが盛況でした。
NEWSカタログ「ご購入サポート」利用でダイニングテーブルとセットされれば、なかなか強力なタッグです。
最強続出中。

オークのご紹介が続きましたので、原点パインへ少し戻しましょう。
前号に続いてのフォスターソファ。ソファというよりもそのまま木製家具。

フレーム木部とクッションの融合が、一台のなかで見事に世界を作りだします。
フレームデザインやカラー、ファブリックの組合わせで、さらにオリジナリティを表現できるのがフォスターソファの醍醐味。

こちらは、パイン材パネルフレーム仕様。前号のオークフォスターとはまた違った空気感。
重厚になりすぎず、空間を優しく表現するのがパイン材の持ち味ですねネ。
ココに座れば、と〜てもリラックスした時間を過ごせること間違いナシ。    

       Nomura


オークフォスターソファ

2019年6月8日

はや6月。といっても、もう真夏日があったり。
日が経つスピードと極端な季候で、季節感とカラダが着いていきませんね。
心身ともに一息つける夏休みまで。気合いです(笑)

さて、NEWカタログでさらに盛り上がりを見せるオークシリーズ。
前号で紹介したような「天板をオーク材で」といったカスタマイズのも続いています。
パイン家具専門でスタートした弊社ですが、ここへきてオーク材とパイン材が入り乱れる?状態に。
両材、どっちも良いんでオススメに困りますが、お好み、予算など気軽にご相談下さい。

画像は、京都N様へお届けしたオークフォスター。
フレームカラーは「ステイン-ライト」
カバーリング生地は、高機能「WARWICK社ANTILA」
上質感溢れる落ち着いた仕上がりです。

Nさまへは、ご新居完成のタイミングでオーク材のダイニングテーブルをお納めしました。
それをいたく気に入ってくださり、今回のご追加となりました。実は前回、ソファもお届けしているのですが、「もう一台、オーク材で。」とのご要望。軽やかさと背もたれのアーチを活かすため、背クッション無しでのカスタマイズ。
オーナー様の思いのこもった一台となりました。

オークfan。
さらに増えそうです。

Nomura


オークトップ テーブル 

2019年5月24日

先日、2日間の定休日を利用して出張してまいりました。
ハウスメーカーさんとの打ち合わせで東方へ。せっかくなので、一泊して以前からのお取り引き先へ新しいカタログを持ってご挨拶回り。いろんなお話しが聞けてと〜っても勉強になり楽しかったんです。
道中ご当地の美味しいモノも堪能。やみつきになりソウ店休出張(笑)

画像は、先日お客さまのもとへお届けしたダイングテーブル。
ベースは、ボリュームのあるロクロ脚が特徴の<スタンダード>ターンドレッグダイニングテーブル*クラシカルスタイル*。天板だけをホワイトオーク材でご用意しました。

カラーは、
天板「オーク-ナチュラル」
本体「ウォームグレー拭き上げ」
のツートーン。
グレーは、拭き上げることによって木目が透けてより軽やかな印象になりました。

全体にナチュラルで優しい感じの仕上がりですが、オークトップによってピリッと締まった印象にも。
このメリハリもたまりませんね。
オーナー様のセンスが光るカスタマイズ。
勉強になります。

       Nomura


ビクトリアンガラスキャビネットwithパネルドア

2019年5月11日

皆さん、連休のお疲れがでていませんか。
各行楽地は賑わっていた様子で、渋滞もスゴかったですね。
「カタログ着きました」と渋滞を乗り越え来店くださった方も。
カタログの反響も大きく、休みはなくとも私にとっての「黄金週間」でした。
ありがとうございました。

では。家具の紹介をしていきましょう。
実は、カタログの完成までお披露目待ちになっていた新商品がけっこうあるんです。
そんな中から、ハーベストでは鉄板。ビクトリアンスタイルのガラスキャビネットを。

ポイントは、ボリュームのあるトップモールディングにアーチドア。ロクロ脚も忘れてはいけませんね。独特の各コーナーを丸くシェイプしたスタイルが、全体をとっても柔らかくみせています。
本棚、コレクションボード、食器棚なんかにイイですヨ。

○VICTORIAN GLAZED CABINET with PANEL DOOR 
size W860/D400/H1800mm
price ¥215,000 +tax

もちろんワックスカラーお選びいただけます。
用途、スペースに合わせてサイズ変更も可能。
オプションハンドルなど気軽にご相談を。

Nomura


GW 

2019年5月1日

スタートしましたね「令和」。
元日のようで、気持ちも新たに。

さてさて、皆さま連休いかがお過ごしでしょうか。
行楽の他、自宅でゆっくり派の方も案外多いようですね。
連休前半は「カタログ届きました」と電話やメールでの問い合せやご注文で賑やかでした。

なかでも「創業時プライス」のチェアは、DM発送の翌々日には「まだありますか?」とスバヤイ反応。
総数200脚以上ご用意していますのでまだまだ大丈夫です(笑)
納品分の仕上げ、発送作業が渋滞中でてんやわんやですが、後半も盛り上がっていきまっしょい。

最終6日(月)は定休をいただきますが、それまで元気いっぱい営業中。
ご来店、メールやお電話でのお問い合せお待ちしております。

       Nomura


ご購入サポート

2019年4月26日

久しぶりのNEWカタログは、やっぱり盛り上がりますねぇ。
これが手元にあるだけで、とってもシアワセな気分。

一部のユーザー様、メンバー様へDMお送りしたので、すでにご覧頂いた方も。
カタログ完成に合わせた20周年企画。第二の矢。
「ご購入サポート」

カタログ掲載アイテムをまずはお手元に!
20周年をより盛大に!
という企画なんです。

早速「かなりお得ですねぇ」というお声もチラホラ。
気になるお品があれば、どうぞどうぞ。


Nomura


カタログ完成しました! 

2019年4月15日

ついに!NEWカタログでき上がり(嬉)
できたてホヤホヤ。まだインクの匂いしそう。

今号で6冊目。テーブルやキャビネットをイギリス製から大幅に切り替えたことで、時間がかかり、ホントお待たせをしました。
その分、盛りだくさん。44ページに150点以上を掲載。
オーク、NEWパイン、OLDパインと三本柱で充実のラインナップ。
チョット厚みあるので、初めて背表紙にもタイトル入れてみました。

個人的には、この裏表紙がお気に入り。
ちょっと入り込んでみたい景色。
HARVESTワールド?

NEWカタログご希望の方はコチラから

オンラインカタログでもどうぞ。


取り急ぎ、完成のご報告マデ。

       Nomura


創業時プライス

2019年4月13日

パインテーブルとともにハーベストの屋台骨として活躍してきたファームハウスチェア。
「リプロダクション(復刻版)」とも呼ばれ、長きに渡ってヨーロッパで愛されるスタイルです。分かりやすく言えばアンティークの元となってきたチェア。
ハーベストでは創業時からイギリスメーカーよりコンテナで直輸入。その数は5千脚を超え、まさくハーベストの「主力」です。

で。ここから。
20周年のお祝い第一弾。このチェアを創業時(20年前)の価格で!
イギリスメーカーの協賛も得てなんとか実現。

以下、限定7モデル各30脚。

対象チェア 
○バーバックチェア
販売価格¥28,000 →AnniversaryPrice¥21,800

○ハイバックスラットチェア
○ハイバックスピンドルチェア
○ハイバックフィドルチェア
販売価格¥26,000 →AnniversaryPrice¥19,800

○スタンダードスラットチェア
○スタンダードスピンドルチェア
○スタンダードフィドルチェア
販売価格¥24,000 →AnniversaryPrice¥17,800

詳しくは、スタッフまで。
お早めにどうぞ。

Nomura


20th Anniversary 

2019年4月8日


春うらら。
週末、打ち合わせに出かけたら、アチコチで花見の景色がありました。
小さな子を手をひくスーツ姿のご家族も。入園式でしょうか。
昼間はポカポカ陽気で、ほのぼのしちゃいます。
う〜らら〜♪

って、緩んでいる場合でないですね。
まだまだ激流のなかなので集中、集中。

で、このまま20周年企画に突入予定。
今年一年間は「お祭り」。
とりあえず皆さんに喜んでいただき、20年という節目を思い出に残る一年にしたいと思います。

画像は、メンテナンスでお預かりしたブラックカラーのチェスト。
写真のフレーミング同様、お部屋にワンポイントで黒みがあるとビシッと締まりますね。

さあ、来週からのNEWSはお見逃しなく。
お祝いのはじまり〜はじまり〜

       Nomura



ご予約承ります。

2019年3月31日

3月も最終日。
ハーベストでもモデルハウスやショップさんの開店が重なったりで、てんやわんや。
この時期、やっぱりひっくりかえります。
逆に。これくらいはないとですね。

4月は、ハーベストにとって特別な月。
いろんな仕込みがあるのですが、なんといってもNEWカタログでしょうか。
校正も終わり、只今、全速印刷中!

今回は、オークシリーズを始め素材感を存分に楽しんでいただけるシンプルデザインの家具も増えました。
画像はそんななかからのピックアップ。
全容は、またNEWカタログで。

完成予定は4月10日スギ。
「NEWカタログ希望」と予約いただいておけば、できあがり次第でお送りしまっす。
我ながら「そんなにワクワクでどうする」って感じですが(笑)
もう暫く、楽しみにお待ちください。

Nomura


コンビネーションサイドボード 

2019年3月20日

はや3月も後半。
新しい環境への準備をされている方も多いのでは。
ハーベストでもご新居完成のタイミングで、多くの納品が連なっています。
春本番。

さて。今日の家具。
個人的にもお気に入り。コンビネーションサイドボード。
引き出しと扉の組合わせは、収納の最強コンビ。
特に引き出しのアクセントが、私的にはツボなんです。
上段2杯は浅め。下3杯はちょっと深め。
見ているだけでも楽しくなります。

こちらのカラーは、「アンティークナチュラル」。
最近「ナチュラルカラー」と合わせ「素材本来の色で」とおっしゃる方もまた増えてきた気がします。
パイン材でこのスッキリ感はやはり素材の良さがキメテ。

その素材「カナダ産ホワイトパイン」。
じわりじわりと仕入れ価格が上昇中。
近々で、一部のキャビネットで価格の見直しも予定しています。
こちらのサイドボードも対象となっていますので、早めのご検討がオススメですヨ。

       Nomura


オークチェア

2019年3月10日

昨日、通勤途中のスタンドで灯油を買いました。
夕方、トラックに給油しようとプリペイドカードを探すもナシ。
イアヤな予感。どうやらプリカをピックアップせずそのまま出勤の模様。こともあろうにチャージしたててで残金2万円ナリ。やってしまいました...
ダメモトで今朝そのスタンドによったら。ナント届けられていました。さすがニッポン。心ある人多数。
朝から気分よいです♪

気分イイついでに。ちょっとリーク。
お披露目待ちになっているNEWオークシリーズがあるんです。
目玉多数ご用意していますが、その一つがコレ。
オリジナルのオークチェア。

オークテーブルのデビューからはや4年。
「チェアもオークで」というリクエストにやっとお応えできました。

詳細発表はもう少々お待ちを。
店頭にはすでに展示していますので、興味ある方はスタッフまでお問い合せを。

Nomura


W1800 

2019年2月24日


ここ数日、朝の空気がぬるくなってきました。
そろそろ入れ替わりでしょうか。
花粉が...という声もチラホラ。

今日は、TVユニットのご紹介。
こちら関東のお客さまへ送りしたビクトリアンTVユニットW1800。
カラーは「F&B WINBONE WHITE」。
モノトーンホワイトも不動の人気です。
ストレートハンドルでさらにスッキリ。

実はこちら。脚の高さを標準H100oから別キャビネット用H120o脚に交換してあります。
これだとお掃除ロボットが家具の下も掃除ができるそうなんです。
最近時々リクエストをいただくカスタマイズ。

弊社のキャビネットのロクロ脚は殆どがボルトでのねじ込み式になっています。
なので、他のモデルで気になるロクロ脚があれば交換・流用も可能。
「こっちにあの脚が付けばイイなぁ」なんてことがあれば、遠慮なく相談してください。

Nomura


ロイドルーム No.7029

2019年2月11日

三寒四温。
この連休は「寒」でしたね。
今日は、滋賀でも雪が舞いました。
気温の乱高下。体調管理にお気をつけて。

さて今日ご紹介はロイドルーム。
その独特の存在感と軽やかな使い心地で、
これを合わせるだけで、落ち着いたアンティーク感がグンと増します。
もちろん弊社取扱は、新品ですが。

こちらは、東北のお客様へお送りするモデルNo.7029.
カラーは、Specialオーダーの「ブラック」。
「オールドパインカラー」のダイニングテーブルと一緒にお届けします。
チェアのブラックがしっかり効いて、締まったダイニングコーナーになりそうですね。

HPに掲載分以外でもお手伝いできる事。けっこうあるので、遠慮なくお問い合せください。
こちらの方も「ブラックもOKです。」の返事にと〜っても喜んでいただけました。
ご遠方からありがとうございました。

Nomura


カタログ撮影 

2019年2月6日

佳境に入ったNEWカタログ。
最終の商品撮影に行ってまいりました。
場所は、神奈川県湯河原のハウススタジオ。
今回で三度目。カタログやウェブの背景がいつもコチラなので、ハーベストの店頭風景と勘違いされてた方も。(こんな素敵な店舗なら最高ですね!)

なんなんでしょうこの空気感。
今までたくさんのスタジオをロケハンさせていただきましたが、私のなかでは特別です。
ロケーションのほかオーナー夫妻のサポートが天下一品。
何よりこちらで実際に住まわれてるので、ご夫妻のお人柄やセンスがスタジオ中にじみ出ています。

朝から降り出した雨も撮影時には小雨に。こんな野外カットがいけるくらい、しばらくは日も差していました。撮影終了後、おいしいコーヒーをごちそうになっていたらまた土砂降り。どこからか見てた?いろんなものに守られているよう。

そんな目に見えない力がここには働いていて、私の腕前でもそれなりに映るっている気が。
私のヘタ写真は、もうすぐ完成予定のNEWカタログで。
写真は…ですが、家具はじょーとー。

Nomura


モリス ソファ

2019年1月19日

今年は、やはり暖冬?
寒いのはそれなりに寒いのですが、あまり雪は降りませんねぇ。
ありがたいことではありますが、雪解け水が水道水になるなんてこともあるようなので、そのあたりはチョット心配。
とりあえず、ゆきかき腰痛は回避できソウ。

さて、昨年末から続いているソファ祭り。
月末までにもう6台の仕上がりがあり、まだまだ納品は続きます。

画像は、昨年末に関東のお客さまへお送りしたアンドリューソファ。
ファブリックは、私も大好き。天下無敵のウイリアム・モリス。
以前、テキスタイルの勉強もされていたF様は、モリス生地でソファを作られるのが夢で探し回られたのだそう。モリス生地もいろいろ検討され、最終は[Daisy(デイジー)]で。
ハーベストでも初めてのデイジーソファ。お花畑にいるようで素敵ですぅ。レッグのホワイト仕上げも軽やか。 到着早々で嬉しいメールも頂戴しました。

ウイリアム・モリスはもちろん、その他ご希望の生地でソファお作りいたします。
生地に拘りたい方へも、長く使えるオリジナル「LONG-LIFE SOFA」がとってもオススメ。
気軽にご相談下さい。

Nomura


オールドパイン キッチンバックボード 

2019年1月9日

ハーベストでは、家具職人さん募集中!
「パイン家具を製作したい!」という方は、ぜひご連絡を。いっしょに「家具バカ」やりましょう。

今日の家具は、存在感タ〜ップリのW1800oキッチンボード。
半年以上前に愛知県のお客様からご新居用にオーダーいただきました。
と〜っても贅沢なオールドパイン材の総無垢仕様。そりゃ風格が違います。

見せ場となる扉の鏡板やサイドのパネルは、古材のワイルド感をポイントとして残し、他は風合いを留めながらもキレイ目に仕上げてあります。このメリハリ、塩梅がオールドパイン家具の特徴でもアリ、難しいところ。特に部材の選定には時間をかけ、品よく上がるように職人さんと古材の山から適材をピックアップ。
時間も手間も費用もかかりますが、そのぶん家具はしっかり応えてくれます。「唯一無二」「Special」な家具へと。

真鍮ハンドルやノブも、甘く映らないよう特別に濃く染め直しました。
同じくオールドパイン材でダイニングテーブルもお作りしてご新居完成に合わせてお届け。
オーナーご夫妻にもとても喜んでいただけ何より。

遠方を何度も通っていただいた甲斐がありましたね。
ありがとうございました!

Nomura


本年もよろしくお願いいたします。

2019年1月7日

この休み、我が家のミニブームは花札(花合わせ)。
イマドキ電子ゲームは気に入らん。と懐かしの花札をひっぱりだしたのが運の尽き。そのシンプルさと運で大人を負かせる快感にドラたちが大ハマリ。二日酔いのベッドにまで攻め込まれ「場六の手七」なんてのを永遠とつきあわされました。
まぁこれはこれで平和なお正月かぁ。

さて、5日からハーベストは通常営業中。
初日からけっこうなご注文をいただき、今年も良いスタートがきれました。感謝デス。

今年、最初の家具もご紹介しておきましょう。
昨年末に関東のお客様へお届けしたカフェテーブルセット。
お色は最近人気の「オフホワイト-拭き上げ」。画像では判りづらいですが、塗りつぶしではなく少し木目が透けて見える仕様で、より「無垢」をお楽しみいただける感じです。
ロイドルームNo.7042(olive)との組合わせも軽やかで素敵ですねぇ。

今年も不定期更新、ゆるゆるスタイルでまいりますが、おつきあいの程よろしくお願いいたします。

Nomura



●このページの最初へもどる●