トップ > カフェ

Cafe2018 | Cafe2017 | Cafe2016 | Cafe2015 | Cafe2014 | Cafe2013 | Cafe2012
Cafe2011 | Cafe2010 | Cafe2009 | Cafe2008 | Cafe2007 | Cafe2006 | Cafe2005

“スプリーム”ビクトリア ソファ

2018年02月14日

 お客様からキレイな画像を頂戴しましたので、ご了承をいただき皆様にもお披露目。

こちら横浜市M様邸。コーディネイターの方とじっくり作りこまれた素敵なご新居へ、ビクトアソファをお届けしました。

お出会いは、ユーザーO様からのご紹介。
O様とは、長らくのおつきあいで、多数の家具をご愛用いただいています。今回知ったのですが、ご職業はナント、インテリアコーディネイター。で、今回の依頼主M様に「ハーベストさんは、ソファもいいんんですヨ」というありがたいご縁でした。

長身の旦那様から「ハイバックスタイルへ」というリクエストがあり、全体のバランスが崩れないよう、8pだけ背もたれ部分を高くお作りしました。こんなカスタマイズも、熟練職人が一台一台手作りする“スプリーム”ならでは。工場で作られる量産品では、こうはいきませんね。

生地は、シャビーなご新居に合う、ヨーロッパから取り寄せ【fade】。
ウイリアム・モリスのアートなラグやカーテンとの相性もバッチリ。モリスデザインを邪魔しない色目遣い&表情と質感豊かなとってもイイ生地でした。

イヤ〜 スミマセン。ソファの話になるとついつい熱く、長くなっちゃいます。
ハーベストのソファに、ぜ〜ったいハズレなし。
特に長く愛用したい方。是非。
ぜひぜひ。

Nomura


TOKYO

2018年02月07日

 先週、ひ〜さしぶりに東京へ出張してきました。
さすがグローバルシティ。田舎モノは、毎回そのエネルギーに圧倒され、あんぐり口が開いたまま帰路につきます。
また今回は、お会いした皆さんに「わざわざ雪の東京へ」と関心?気の毒?慰め?られたりもしました。コレなかなかない経験カモしれんですね。

上京は、新作の準備が目的。
新作とは。NEWタイプのソファ。
で。それに張る生地を以前からいろいろと探していましたが、あるプロフェッショナルとご縁があり、その方のブログから発見。
で。ショールームへ突入の図です。

画像に一部しか入りきらない、大量のハンガー。
その中でお目当ては、無地&ボリューム&表情のあるモノ。
来た甲斐あって、イイ仕入れができましたヨ。
その生地については、じっくりお話ししたいので、また回を改めて。

東京もしっかり寒ムおました。

Nomura


OLD-PINE TOP

2018年01月28日

 いや〜寒いですね。まるで冷凍庫にいるみたい。。。
自宅の回りは、雪&カチカチの銀世界。
出勤時は、スキーか雪山ハイクへ行くような出で立ちなので、さほど降らない仕事場(栗東市)に着くと、チョット浮いてる?
でも暫くは、この完全防備から脱出できなさソウ。

さてさて、今日の家具。
こちらは、県内ユーザー様へお届けしたビクトリアンコンソールテーブル。
ハイ。天板をオールドパイン材でお作りしています。

本体は、ファロー&ボールのペイントでピタッと納めて、天板の荒れた感じとメリハリをつけたツートーンに仕上げました。さらに真鍮のシェルハンドルで、アンティーク感アップ。

このアイテムは、レンジ台やパソコンデスクとしてのご利用も多く、もとは奥行きD480oの設定です。が、玄関ホールでご利用とのことで、ちょっと奥行き減らしたD420oでオススメしました。
場所・用途によって、スッキリめD400o〜D420oというサイズカスタムも人気なんですヨ。

こんな感じで、お好みやイメージをドシドシご相談ください。

Nomura


SIENA COFFEE TABLE

2018年01月20日

 ここ数日、少し寒さも緩み、日差しにも少し春の気配も。
な〜んて油断してたら、来週はまた超大寒波だソウ。
やっぱり、暦の「大寒」はダテじゃあない。

先週に続き、スッキリ「SIENA(シエナ)」シリーズのご紹介。
こちらのオーナーさまもナチュラルテイストのご新居に合わせ、TVユニットとコーヒーテーブルを同「シエナ」シリーズで。他、ダイングテーブルやフォスターソファ等もストレートレッグタイプをチョイスされ、キレ〜イにお揃えいただきました。

カラーは、合わせやすくて人気の「オールドパインカラー」。
クリアなカットラインにも良く馴染んでいますね。
シエナは、装飾が少ない分、ホワイトパンの持つ素材感や質感の良さが、よりダイレクトに伝わってくる気もします。

デザイン的にも、削ぎすぎるとそっけなく、多く飾ると野暮くなる。そのラインを見極めるのはかなり難しそうですが、そんなのにちょこっとチャレンジしたのがこの「SIENA(シエナ)」シリーズ。
今後が楽しみです。

Nomura


本年も

2018年01月14日

 って、あっと言うまに月もなかば。
ご挨拶が遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。
ここ数日は、チラシの原稿作りで、モニターの画像とにらめっこ。目がもうシバシバ。。。ますます老眼進行に拍車がかかりそうです。(苦笑)

さて、ことしイッパツめの家具紹介。
密か(?)に人気を集めているキャビネットがあります。それは、スッキリムード漂うシエナTVユニット。鉄板人気の「ビクトリアン」スタイルとまた違った印象ですが、ナチュラル派、シンプル派の心をしっかり掴んで、この冬のベストセラーキャビネットとなっています。

こちらのオーナーM様も店頭で一目惚れ。カラーは、ご自宅のインテリアに合わせ濃色「ステイン-ゴールド」をチョイスされました。真鍮ストレートハンドルで、さらにオトナっぽく。
素敵ですネェ。

○シエナTVユニット W1400
   size W1400/D480/H480
   price ¥143,000-

今年もこんな感じで、ユルユルとまいりますが
おつきあいのほど、よろしくお願いいたします。

Nomura



●このページの最初へもどる●