トップ > カフェ

Cafe2018 | Cafe2017 | Cafe2016 | Cafe2015 | Cafe2014 | Cafe2013 | Cafe2012
Cafe2011 | Cafe2010 | Cafe2009 | Cafe2008 | Cafe2007 | Cafe2006 | Cafe2005

おつかれさま  

2009/12/27

今夜は、チームハーベストの忘年会。
最終日曜となった今日も、駆け込みでご注文も沢山いただきました。店頭もケッコウバタバタで昼食もゆっくりとれずじまいでしたが、今夜のビールはその分格別なおいしさです。みんなそれぞれに
キツイこともあったと思いますが、それを明るくパワフルに吹き飛ばす年末恒例ハーベストのお疲れさま会です。

【ハーベスト宴の掟】
仕事の難しい(?)話は御法度。
とりあえず馬鹿話で楽しく盛り上がる。
痛飲、気絶、無礼講。
但し、他のお客さん、お店には決して迷惑をかけないこと。

男性陣の卓は、皆さんにお見せできない光景で、仕事にさしつかえそうなので(ウソです。)
女性陣の写真をアップ。(中央は乱入したウチのチビの後頭部です。スミマセン。)

そんなこんなで、今年も無事にハーベストは年を越せそうです。こんな不景気といわれる時に、それなりに良い年を過ごせてホントに「おかげさまです。」
酔っぱらいオヤジのゴキゲン頭では、気の利いた言葉が浮かびませんが・・・

お客様に感謝。
スタッフ、仕入れ先さんに感謝。
家族に感謝。

仕事に深謝。

Nomura

SPECIAL CUT @  

2009/12/8

定休日を利用して、奈良県にある材木商さんへ行ってきました。
夏から準備してもらっていた、待望のホワイトパイン材【特等級】丸太が入荷したと連絡が入り、一刻も早く見てみたいと駆けつけました。

今までは、カナダや国内の木材商社さんから、板材になったものを手配していましたが、カナダでの生産、製材量が年々少なくなり供給が安定しないという現状もありました。
全般にキレイなホワイトパイン材ですが、より材料の木目や節目の表情にこだわりを持っておられるお客様の要望にも対応するため、ハイグレードな材料を安定供給できる方法をず〜っと模索していました。

いろいろとトライの結果、仕入れ先さんの紹介で、「とりあえずやってみましょうか」といっていただけるありがたいこちらの製材会社さんと出合うことができました。
それも、「せっかくなら製材できる強みを生かして、原木で輸入してお好みのサイズに製材しましょう」という予想以上の好展開。
まさに【ハーベスト用スペシャルカット】

この日、おめどおりを許されたホワイトパイン材【特等級】の丸太は、コンテナ積載用に大まかにカットされ、それでも迫力の山積み姿でした。
これから使用サイズの厚みに製材し、人工乾燥機に入れて、反りや割れのリスクの少ない安定した含水率に調整してもらいます。

この材料は“スプリーム”シリーズやオーダーメイド(別注品)、室内ドア等のハイクラスラインの専用材料として、年内には各担当工房へ配達されます。

Nomura

SPECIAL CUT A  

2009/12/8

今回、ホワイトパイン材【特等級】を見事、手配してくださったG氏についてもう少し書きたいので、お付き合いください。

初めてお出会いしたのは、新しくパインドアの製作をお願いしている建具店さんの工房でした。暑い夏の日、納品に来られていて、駐車場のトラックから、奥まったところにある材料置き場へ汗だくで材料を黙々と、かつ丁寧に降ろされていました。最後にその搬入口をキレイに箒で掃除をし深々とお辞儀をされ納品完了。
多分、いつもどおりで、あたりまえの納品光景なのでしょうが、その仕事に対する姿勢に「一目ボレ」してしまいました。
本気で働く男の姿はカッコイイんです。
いろんな条件が整う前に、「この人と仕事がしたい!」と強く感じてしまいました。

G氏は無垢の高級建具材を専門にしておられ、カナダでの丸太の仕入れ、輸入、製材、乾燥、デリバリーまで、納得できるよう、全て自分の目の届くところで仕事を進められます。
話を聞き「この人の材料ならまず間違いないだろう。」と思っていましたが、今日、会社におじゃまして製材作業を見学し、いろいろな期待が確信に変わりました。

きっと、いろいろな荒波を一緒に乗り越えてもらえるハズ。


作業のじゃまになっては・・・と早々に失礼する予定でしたが、ご夫妻の息ピッタリの製材作業で、キレイな板が生まれて行く様子を時間を忘れ、辺りが暗くなるまでウットリ見学していました。

また一つ、皆さんに紹介したくなる、「人」「材料」とのイイ出合いがありました。

Nomura

TVユニット チラシ  

2009/11/25

この時節、フェア中のデスクに負けじと盛り上りを継続しているのがワイドTVユニットシリーズ。
定番サイズ W1200 W1400 W1600の3サイズうち、W1600が一番人気になりつつあるのも、ここしばらくのTV大型化へのスピードを感じます。

因みに、我が家のテレビ2台のうち、1台はギリギリの液晶ですが、もう1台は、人には言えない10年モノ大型ブラウン管TV!
寝室で結構幅をきかせていて、「そろそろ」と思うのですが、別段、使用に問題なく嫁入り道具の一員だったこともあり、「もう暫く、そこにいてもいいョ (汗)」という感じです。
TVユニットの接客中も、皆さんの買い換え、進化が少し羨ましい今日この頃です。

話がそれてしまいましたが。。。
今まで、W1400、W1600TVユニットは、画像と、店頭のみでのご案内でしたが、お問い合わせも多く限界を感じ、この度、専用チラシを製作しました。
引き出しや扉の内寸も記載してありますので、収納もよりイメージしていただきやすいと思います。
ご希望の客様はお気軽にご連絡ください。直ちにお送りいたします。

これからの季節、TVを囲んでのダイニングやリビングでの家族団欒。
その風景の中に、パインの家具(できればharvestの)があれば
よりあったか気分になるような気が・・・いたします、です、ハイ。

Nomura

ハイキューブ   

2009/11/15

 イギリスからコンテナが入荷しました。
今回のコンテナは前回の積み残し分と、チェア、キャビネット
両メーカーへの発注分なので、ハイキューブコンテナを使用いたしました。
さすがのボリュームでハーベスト号も小さく見えます。

ハイキューブって?
ハイ。俗に言う背高コンテナで通常コンテナの高さは8ft6inc(2591mm)
ですが、この背高コンテナは9ft6inc(2896mm)、
かなり容量もお得なのです。因みに長さは40ft(12192o)
  ※コンテナの詳しいサイズデータはwikipediaに助けて貰いました。

ぎっしり天井まで積まれた家具は、大きな壁のごとく
荷下ろしも一苦労ですが、その「ぎっしり」の光景はインポーターとしては
心躍ります。気合いを入れて仕入れを沢山したので、このハイキューブでも積みきれず、今回また少しイギリスに積み残してしまいました。(苦笑)
自分に「バイヤーなら今買わなくてどうする!」と言い聞かせ
新たに倉庫も借り増し、円高利用で在庫充填中です。

新しいチェア等も入荷してワクワクのコンテナ到着でした。

ヨッ、オカイモノズキ

Nomura

ミニ改装  

2009/11/06

 先般、増築した拙宅の壁を塗ってから
「家具も栄えて店内も白壁がイイナァ」と考えていました。
来週にはイギリスからコンテナも入るので、今のうちにと思い立ち
前夜に足場を仕込み、コソコソ早朝出勤で塗装開始。
塗料は我が家と同じFALLOW&BALL(フォローアンドボール)
「ジェームスホワイト」カラー。お気に入りのホワイトです。
他の男性スタッフはご注文分の仕上げが忙しいので、手隙(?)の私が
ワンマンでスピード作業。
というより、せっかく(楽しそう)なので、自分でやりたい!

一部のコーナーだけですが、今日中に二度塗りを終え、後日、下方に
腰壁を設けます。
ベージュかかったクロスがきれいな白に塗り変わっていく
のを見て女性スタッフから
「どうせなら全面塗ってしまいましょう!」と声がかかり
いやいや、これはそこそこのスペースだから楽しいんです。(タジタジ)
毎日の早起きはツライッス(苦笑)。

     コノクライデ、カンニンシテクダサイ

Nomura

DESK FAIR START  

2009/10/25

 毎年好評をいただいている、デスクフェアがスタートしました。
新商品の仕上げや準備に追われているうちに、
気がつけばもうそんな時期に・・・
デスクの問い合わせやご注文が入りはじめ、
あげくに、ママスタッフから
「今年は下の娘にもデスクの注文をお願いします」と先制パンチ
 これは出遅れたと慌ててDMはがきの撮影、製作、発送の
ドタバタスタート。(お恥ずかしい。。。)

それでもしっかり新作デスクはは準備しておりました。
■NEW 1ドロワデスク size W900 D600 H750
以前からオーダーメイドでは密かな人気のコンパクトサイズのデスク。
子供部屋でシェルフやブックケースと合わせてもよし、
キッチンやリビングのちょっとしたスペースを活用するもまたよし
のサイズ感ではないでしょうか。
ちなみに画像のストレートレッグの他ターンドレッグ(ろくろ脚)
のタイプもあります。

それからお待ちかねのデスクフェアの期間中(12/28マデ)限定の特典
アンティークな風合いのデスクランプ(一万円相当)を先着50名様に
プレゼント。それからそれから円高還元もマダマダ健在の様子です。

今年も賑やかなデスクフェアになることを祈りつつ
「バシッ」と「ドド〜ン」と太っ腹でいきましょう!
勢いばかりのデスクフェアのお知らせでした。
  詳しくはスタッフまで。

Nomura

NEW ARRIVAL  

2009/10/11

 8月に入荷したイギリス製のニューアイテムも
少しずつですが店頭へのデビューを果たしております。

中でも早々に人気を呼んでいるのは、NEWビクトリアンカップボード
W1200(3Drタイプ)は入荷数が少なかったこともあり、すぐに完売。
今月末の入荷予定分も、すでに5台がご予約済という勢いです。

ベースの部分は引き出しと扉のコンビネーションが人気の6ドロアタイプ
です。トップのガラスキャビネットもオープンスペースがあり、
なんといってもガラス扉のアーチがビクトリアンスタイルを
より引き立てています。

お色も「オリジナルカラー」はやはりですが、
「オールドパインカラー」「アンティークブラウン」といった少し濃いめの
ご注文も多く、落ち着いた雰囲気を演出というお客様も多いようです。

イギリスのメーカーにオリジナル製作をお願いした、
ブリティッシュスタイルを満喫できるビクトリアンカップボード。
次回入荷分、ご予約受け付け中です。

  ワガヤニモ、ホシイ・・・。

Nomura

 プレゼント in England 

2009/9/12

 イギリス出張、恒例のお土産のコーナー
私の、とりとめのない駄文に「いつも」「時々」お付き合い
いただいている、HARVESTCAFEのお客様にせめてものお詫び
ならびに感謝の気持ちです。
もちろんユーザー様でなくてもこのコーナーを覗いていただいた方なら、
誰でもエントリーOKです。
メール、FAXでお土産(プレゼント)希望と明記のうえ、
お名前、ご住所、お電話番号を必ずそえてください。

今回のお土産はロンドン郊外のギャラリーで買ったオールドプリントです。
本当は他のギャラリーに行く予定でしたが、ふらっと入った小さな
ギャラリーで、店主のおじいさんになんともいえない
愛らしさを感じてしまいここで購入しました。
アイルランド出身だというおじいさんは
「どうぞ、店内どの棚でも好きなようにあけてください 。」と
窓辺でコーヒーを飲みながら読書をされていました。
ぼくはゆっくりとプリントを繰っていました。
小さなプリントを2枚選んでおじいさんの元へ。
パイン家具を扱う仕事で、出張の為、日本から来ている
というと、おじいさんはゆっくりとした動きで棚の方へ歩いていき、
パインツリーのプリントを見せてくださいました。
おじいさんはそんなつもりで出されたのではないのでしょうか
せっかくなので喜んでそれも購入。
おじいさんにコーヒーも勧められましたが丁重にお断りして、
「迷惑でなかったら、友人たちにあなたとギャラリーを見せたいので」と、
この記念撮影をお願いしました。

ということで、今回は1800年代のオールドプリント(ボタニック)
3点をプレゼント。それぞれオールドパイン材でフレームを作って
一緒にプレゼントします。よろしければエントリーをどうぞ。

ご応募の締め切りは、10月末日マデで、
抽選の発表は発送をもってかえさせていただきます。


Nomura








 戦利品 in England  

2009/08/29

 渡英ごとに必ず買って帰るものがあります。
それはM&S(マーク&スペンサー)というこだわりのスーパー
のアンダーウェアー。
ここのはすべてPBで、品質よし、丈夫で長持ち、価格も手ごろで、
十数年愛用していますが、イギリスらしい質実剛健さが秀逸です。
今回も荷物の許す範囲内で、靴下、Tシャツ、タンクトップ
パンツ(お恥ずかしいので写真ナシ)おまけでセールになっていた
Vネックセーターをゲット。
出張中の夕食も殆ど、M&Sのサラダやパン、SUSHIを買って、
ホテルの部屋ですませます。特に今イギリスで人気のSUSHIなんかは、
他スーパーのものは「マイッタ」ですが、ここのはそれなりに
おいしくいただけ、鮮度やセンスがひと味違うって感じです。
また、衣料品や食料品は有名ですが、一部の店舗では
家具や生活雑貨の取り扱いもあり、今回勉強の為に家具売り場も
見学してきました。(写真の無料カタログもいただき)
やはり価格と品質のバランスが良く、ソファなどはイギリス国内製を
うちだされていたのも印象的でした。

M&SもLeedsのマーケットから出発して今年で創業125周年。(さすが
イギリス小売業の代表格となったM&Sにも
この不況のあおりで、一部では買収の噂もでているようです。。。
がんばれM&S! 買収なんかに負けず今のスタイルを貫いてください。 
遠く日本の愛用者も応援しています。

Nomura

こぼれ話 in England 

2009/08/29

 イギリス出張中のビジネス目標はほぼ達成。
週末に入り、以前から一度行ってみたかった、某衣料メーカーの
ファクトリーショップの見学に行きました。
工場の敷地内をぶらぶらして、併設のショップで掘り出し物の
ニットベストを購入しました。
少し離れた駅からここまでタクシーでやって来ましたが、
携帯の充電が切れたので、お店の方にお願いして帰りの
タクシーを呼んで貰うことにしました。
スタッフのご婦人は何度か電話してくださいましたが、なかなか繋がらず
「もう少ししてから、電話してみるわ。少し待っていて」と笑顔のご婦人。
忙しいのに面倒を頼んでしまったなぁと反省中、しばらくすると
「外にタクシーを待たせてあるから、どうぞ」と声がかかりました。
ご婦人が案内してくれた先には、SAABのカブリオレ車が・・・
「ホントに?」と聞くと車のドアを開け、どうぞ乗ってくださいとご婦人
とりあえず御礼を言って、手を振って出発。車内に料金メーターを探すが
もちろんナシ。運転席の紳士に「もしかしてスタッフの方ですか?」
と訪ねると「いえいえ、彼女の夫です。」 「!!」
なんとご婦人はすぐ近所の我が家に電話して、旦那さんを不憫な日本人
の為、にわかタクシーとして呼び出したのです。
またまた旦那さんも親切な方で、駅までの道中、「ココの景色がキレイデス」
と車を止めてくれたり、結婚して40年
この近くに200年前の古い家を買って、自分で改装し
ご夫婦で住んでいると楽しい話しもしてくださいました。
駅の近くへきて道は渋滞、もうこれ以上ご迷惑をかけてはと思い、
旦那さんにも厚く御礼を言って、握手で車を降りました。

今回の渡英で一番気持ちが温かくなった出来事でした。
知らない土地で、知らない方のご厚意にふれる。
こんなだから旅はやめられません。

イエイエ、アナタハ シュッチョウデス


Nomura

パートナー in England  

2009/08/28

 各メーカーさんを廻って、最後にやってきたのが、
ハーベストのキャビネットやーブルの多くをお願いしているR社。
キューベックイエロー(カナダ産ホワイトパイン材)を使って
ビシッと家具を生産できる稀少なメーカーさんです。

もうかれこれ6年くらいのお付き合いになり、
いろいろな意味で安心、安定感すら感じます。
もちろん取引スタート当初は、一筋縄ではいかない面も結構ありました。
当時、彼らはイギリス国内の有名どころのお客さんを
キチンと押さえていて、私のアプローチにもガードは固く、
価格や条件も決してやさしいものではありませんでした。
それから6年・・・取引の実績を積み上げ、
国は違えどもお互いのビジネスには、なくてはならない存在となりました。
今回も新商品第2弾の打ち合わせのためにやって来ましたが、
多くのメーカーが嫌がるオリジナル品の製作も、快く引き受けてくれました。

左が窓口になってくれている、ちょっとおちゃめなポール。
右が代表のグラハム。元クリケット選手でジェントルです。
彼らはR社の共同経営者で毎回絶妙のコンビネーションで
私のリクエストをフォローしてくれます。まさに名コンビです。
この日の商談も白熱し、3人で気分良く盛り上がりました。 

これからも末永くヨロシクデス。

英国出張記2009

Nomura

ちょっと寄り道 in England  

2009/08/26

 午後の遅い時間、
商談を終え、駅まで送ってもらう車中、担当のニールが
「これから予定はありますか?よかったら近くを案内しますよ。
イギリスでもっとも愛されている村があるんですよ」
そんな嬉しいお誘いに、ちょっと寄り道

その小さな村には中世から残る石畳とチェダー調の古い建物、
アンティークショップや趣のある小店が沢山ありました。
中でも写真右の「The Mermaid in」は創業1156年の超老舗のイン。
この建物も600年近く前に建てられたのだそう。
(後日、ガイドブックで調べました。)

夏のバカンスシーズンの気配が残り、散策する人のそぞろ歩き。
そんな中に混ざって、緊張の商談を終えた安堵感を感じながら、
なんとも心地よい、チョイブラでした。
次回は休みの日にもっとゆっくり訪れたいなぁ

今日は商談もGood
   寄り道もGood

Excellentな一日でした。


Nomura

NEW CHAIR in England  

2009/08/26

 今回の出張の大きな目的の一つ、新しいチェアメーカーさんとの商談。
昨年来、人気のホイールバックチェアの入荷が止まっていました。
お問い合わせも多く「なんとか」「どうしても」この人気のチェアの
入荷を復活させたく、いろいろとイギリスメーカーをあたっていました。
そこで浮上したのがこのP社。
5〜6年前の
「イギリスパイン家具メーカー片っ端から探訪期」
に、訪問していました。
他のメーカーさんがトラディショナルを止め、コンテンポラリーに走る中
このP社は得意のトラディショナルを、貫いていました。
お陰で目的のホイールバックチェア、それからいつか扱いたいと
思っていたウィンザーチェア、それからそれからチャイルズハイチェア
も見事手配でき定番に復活です。

写真はボクのPoorな英語に一日つきあってくれた担当のNeil
とても協力的で助かりました。(なかなかハンサムでしょ)

初日からチェアの豊漁でいいスタートです。
これらのチェアは10月下旬のコンテナで入荷してきますので、
お見逃しなく。

Nomura

ロンドン到着 in England  

2009/08/25

 やっとロンドンに到着。関空からの直行便がなくなった為、
成田経由で約15時間の行程。

若かかりし頃は・・・
飛行機は映画が見放題、食事と飲み物付きで
「パラダイス!」って感じでした。(嬉々)
近頃は・・・
体力低下のせいか、この機内長時間が
結構こたえるようになりました。(苦笑)

夕刻、無事予定通りロンドンに到着。気温は13℃。
出発時の日本も涼しかったですが、予想通りロンドンも涼しいというより
「肌寒い」って感じです。
今回、ロンドンでの滞在先はHAMMERSMITH(ハマースミス)
バスターミナルもあって地下鉄でも便利。
中心部からは少し離れているのでまずまず静か。
駅構内のスーパーで、水と缶ビールを買ってライフライン確保。
温いシャワーでフリーズドライ化した身体を「湯もどし」
明日からの勝負に備えます。

Nomura

残暑お見舞い申し上げます。  

2009/08/21

 お盆をすぎ、やっと「夏」を思わせる晴れの日が少し戻ってきました。
皆様いかがお盆をお過ごしでしたか。
私も短い休みでしたが、家族サービス+少々仕事という夏休みでした。
以前なら休みとなれば「遠くへ」が基本でしたが、最近は、チビと一緒に
「両親孝行」がいいおさまりになってきました。歳のせいでしょうか(笑)

8月に入り、作業日程にもやっと落ち着きが出てきました。
今がチャンス!と隙をみて、貯まっていた新商品の仕上げも開始。
このエドワーディアンコーヒーテーブルもそんな新作です。
直線的でシンプルなデザインなものほど、バランスやボリュームで
印象がかなり違ってきます。図面だけでは判明しない点も多数あり
ここへくるまで部材等、何度か手直しもしました。
思考錯誤のうえ決まった、ナイスバランスなスクエアレッグ
素材感を生かしたシンプルなスタイルがJapan madeの
丹精さを際立たせます。全容は後日。

ソファ、室内ドア、etc ハーベストは秋に向け新作ラッシュの予感です。
先月のコンテナでイギリスから入った新作にも未だ、仕上げの手が
付けられていないので、少しづつご紹介したいと思います。
・・・って言っているうちにイギリス第二弾の新作の打ち合わせと
新しいチェアの仕入れに来週からイギリスへ行ってきます。
「忙しい」を言い訳についついサボっていたイギリス出張ですが
「今しかない!」とこのタイミングで、インフルエンザの暗雲も
振り払い、渡英決心。
久しぶりにイギリスの空気を吹き込んできます。

Nomura

室内ドア 

2009/08/14

 試作品の室内ドアを我がミニ新居に設置。
ハーフガラスタイプのドアにデザインガラスをはめ込み
真鍮ヒンジにガラスのドアノブ。ワックスカラーはフローリングや梁と同じ
「オールドパインカラー」で仕上げました。
店頭見本のガラス部分に組格子をいれたらグッと雰囲気が良くなった
ので我が家分にも職人さんに無理をお願いし、後加工で格子を入れて
もらいました。ちょっと気取ってホイールバックチェアと記念撮影。

ドアの試作が仕上げってきてから約2ヶ月。店頭分も只今仕上げ中です
が、「この色もイイ、このガラスとドアノブとの組み合わせもイイナァ」
なんて考えているのが楽しいんです。
家具に負けず劣らずとても楽しいんです。ハイ。

我が家に入ったこのホワイトパイン材で作ったドアも、年月を重ね、
80年か100年後・・・孫か、ひ孫あたりが
「おじいちゃんの作ったこの古いドアいい味だしてるねぇ」なぁんて
ドアをナデナデしているのを想像(妄想)すると、もうたまらないです。
考えてみると、愛用され、そこまで継がれる可能性のあるモノって、
身の回りにそんなに多くないですよね。

「私は間違いなく、良い雰囲気のアンティークドアになりますョ」
と語りかけているようなNEWハーベストドア。
なかなかにイイ表情で、我が家の顔になりました。


Nomura

ご注文第一号  

2009/08/09

 先般、ご紹介したホワイトパイン材を使った
室内ドアが仕上がりました。
とりあえず拙宅分の3枚を仕上げ、つり込みましたが
それがまたイイカンジ〜(後日ご紹介)

このコーナーでハーベストドアに、興味をもっていただいたお客様からのお問い合わせも数件。関東のお客様からも
「今度、8月の休みを利用して、ドアを見に伺います。」
とご連絡をいただき「ヨ〜シ」と奮い立ちました。

無垢ドア特有の重厚かつ柔らかな「バーン」という開閉音
と感触を味わってもらうべく、店頭でドア枠を組み、実際にドアを
セットすることにしました。
チームメイト山元建具店、山元代表にも助太刀をお願いし
ドア新米の私は、ドアがセットされていく職人技を間近で
勉強させてもらいました。店頭で枠が建ちドアが吊り込まれ
このあと無事に小さなドアコーナーが完成。

そして本日・・・
静岡からご来店いただいたお客様は、多数のご注文と
ハーベスドアのご注文第一号を飾ってくださいました。
前日にも福井県からご来店のお客様にソファのご注文と
新作コーヒーテーブルの「第一号」を飾っていただきました。
こうして
新商品のスタートを皆さんに盛り上げていただける。
本当に幸せ者です。
涙モノの週末です。

Nomura

入荷しました。  

2009/07/13

 先日、待ちに待ったコンテナがやっと入荷しました。
イギリスの港を出てから、船旅だけでも約一ヶ月。本当に待っていました。
 というのも、このコンテナは当初、5月に入荷予定だったんです。。。
その間に倉庫は殆ど空っぽになり、在庫表に「SOLD OUT」
の赤い文字が踊っていました。
それを見て、お客様から「すごいですね〜」と言っていただきますが、
いえいえ、在庫も無いのに、また入荷がずれ込んで
しまっている失態です。
辱ながら、待っていただいているお客様に
「お詫び」のしどおし状態です。

今回、《プレミアム》テーブルシリーズの天板(40mm)に使用している
2インチ厚のカナダ産ホワイトパイン材がイギリスで在庫切れ、
生産量が少ないホワイトパインは、原材料の丸太がいつでもある
と言うわけではなく、カナダの製材所も丸太待ち・・・・
そんな「待ち」「待ち」「待ち」で遅れに遅れてやっと入荷。
今のやり方は、「面倒」も多いですが、それでもこの材料やイギリス
メーカーへの「どうしても」の思い入れが、
他には無い「ハーベストのミソ」なのです。

その「ミソ」を源に、不況風に負けないよう
ハーベストはまた前へ攻めます。
今回入荷チェア250脚 テーブル・キャビネット110台。
このロングコンテナでも積みきれなかった分と、追加注文分で約300点
がまた次回入荷予定です。

熟成に10年を要したオリジナルミソ
ご賞味あれ。

Nomura

休暇 B  

2009/07/02

 休み最大の楽しみは、チビと時間無制限でまどろむこと。

日々、夜中に帰宅し寝顔に話しかける。
家族間の寝返りやおすわりの初目撃談では蚊帳の外。
3月、4月の最繁忙期には寝不足の目をこすりながら
「これを乗り越え、海辺のバルコニーで、チビを抱っこし、
冷えたビールをプハッ〜とやりたい」と夢見ておりました。

憧れと現実は少し違っていて、自我の目覚めたチビ助は
「ネムイ」と地団駄を踏み「ハラヘッタ」と泣きわめく。
薄いスルどい爪でボクの頬をチネリ(抓り)
痛がる姿を見て「へへへッ」と無邪気に笑う。
一日中のお相手はなかなか疲れるものでもありました。

あいた時間にと、カバンに入れていた本は全く開かれることもなく、
時々、チビを被写体にパシャパシャやって、一緒にゴロゴロして
心地よい疲れとともに無事、休暇も終了。

神様、ご褒美ありがとう。PART2

リフレッシュ休暇&親バカシリーズでした。


Nomura

休暇 A  

2009/07/01

 リフレッシュ休暇中のマイルール
 ○急がない、時間を気にしない
 ○できるだけストレスを避ける
 ○いつもより少し贅沢をする

もちろんいつもの行き当たりばったり、車中泊やビジネスホテル泊も
今日はNGということで、海岸の小さなリゾートホテルをとりました。
夕食のコースも普段なら、「下から2番目チョイス」のところを
奮発して豪華な方から2番目をチョイス。(それでも2番目が小心者)
  
 普段:ワインはデキャンタかグラスワイン
 リフレッシュ中:名前だけは聞いたことのある、安物でないボトルワイン、
        もしくはシャンパン(スパーリングワインでもよし)
これだけで、かなりテンションも上がります。
なかでも、シャンパンは何年か前の高級リゾートで「ウェルカムシャンパン」と称して、クーラーでよく冷えたシャンパンボトルが部屋に運ばれてきてから
シャンパン=優雅で贅沢とインプットされ、より効果的です。

リフレッシュ数日間は贅沢を、ビビっていない体で、
涼しい顔でやりきってしまいます。
そして一ヶ月後、。。。クレジットカードの使用明細書が送られてきて、
今度は背筋がゾゾッと涼しくなる。
「そっちがそうくるなら、こっちはそれに負けないように
また一年間、気合いで仕事をしてやるぜ!!」
と毎年カード明細に奮い立つ、リフレッシュ休暇です。




Nomura

休暇 @  

2009/06/30

 今年も好例?のリフレッシュ休暇をめでたくゲット
100年に一度と言われる不況にも飲み込まれることなく、決算も無事終了。

休むタイミングをず〜っと見計らっていましたが、最後は
みんなと目を合わせないように
カレンダーに【休】の文字を勝手に書き入れ、
突然の雲隠れです。(嘘です)

毎年のことなので、みんなそれなりに「まぁしょうがないかぁ」
というムードにしてくれています。
そこは私も遠慮がちに「今年は短めで・・・」と
海外逃亡や南方楽園行はあきらめて、四国へドライブで手をうちました。

時期は梅雨の真っ只中、天気予報は、もちろん休暇中ずっと傘マーク。
前線停滞で土砂降りの中、車を走らせホテルへチェックイン。
翌朝、目を覚ますとカーテンの外にうっすらと陽の光が
カメラを持ち出し、子供のように目前の海岸へダッシュっっ
やっぱり海辺にはこのキラキラ光がよく似合います。

神様、ご褒美ありがとう。
自称「晴れ男」は健在のようです。
休み、サイコー!


Nomura

 NEW FACE  

2009/06/21

 梅雨真っ只中、作業場に扇風機が登場という季節になっても
繁忙期延長戦の雰囲気は色濃く
この時期に、未だお届け納期も縮まって行かない・・・
これでは新商品含む次の一手やお客様への対応に問題がでるのでは
ということで、6月に入り求人開始

不況の影響か、40件を超す問い合わせの大反響ぶりに、
スタッフ一同ビックリ!!
求人広告掲載日には、一日中電話が鳴りっぱなしという状況でした。
その中で十数人の方と面接をさせていただき、うち数名の方と
「この人と仕事がしたい!」と感じました。またその中で一番フレッシュだったのが、今回めでたくハーベストメンバーの一員となった木下君。学生の頃から水泳をやっていた肉体派体育会系(ハーベストにぴったり)
なおかつ、ご実家は代々の工務店(物造りのサラブレット)
何よりハキハキした話し方と大きな声で元気な挨拶
私はこんな「明るさ」「気持ちよさ」にめっぽう弱いのです。ハイ。

「無借金・キャッシュフローで着実前進」が経営モットーなので、少しづつしか、スタッフも増やせませんが、今回小さな雇用(ホントにささやかですが)を生みだし、社会に少し貢献出来たことが、会社の代表としては
少しだけ誇りです。

(これで、あきらめかけていたリフレッシュ休暇に一筋の光が・・・)

   ソレカヨ・・・。



Nomura

 無垢パインドア  

2009/06/07

 只今、実家の一部を新居としてミニ改装中。
フローリング材や壁材は、予算の範囲内で「無垢」「本物」と呼べる
ものを見つけてありましたが、室内ドアはなかなか思うものに出会えず・・・
多くは集成材やつき板のもので「無垢」というには??
の量産品ばかりでした。(価格は安いですが

それならっ、
最愛のカナダ産ホワイトパインで作ってしまえ!
それならっ それならっっ
お客様からのリクエストも多いので、皆様にも使っていただけるように!!
と、3ヶ月まえにスタートしたパインドアのプロジェクト。

幸い、腕のいい建具職人さんとも出会え、先日やっと試作品が
できあがってきました。
さすがの老舗建具店の職人技、白木の状態でも、まぁうつくしい〜
家具とおそろいのオリジナルケーシングやモールディングを作ろうと
専用の刃ものまで準備し、なかなか気合い入ってます。

仕上げをしてノブやガラスをセットし、またお披露目したいと思います。
店頭でご案内できるようになるのは7〜8月を予定しています。


Nomura

 イギリス出張 延期・・・  

2009/5/10

 5月になればドタバタも少し落ち着くだろうと・・・
昨年、機会を失っていたイギリス出張をこのタイミングで予定していました。
ゴールデンウィーク明けの安くなったチケットで「今こそチャンスだ!」
スタッフにも「行きます!」と宣言し、フライトスケジュールまで
確認していました。

 今回はNEWチェアの仕入れをメインに一週間の出張予定でしたが、
タイミングの悪いことに新型インフルエンザが発生。
当初の「フェーズ3」の時点では
「同時多発テロの時もイギリス出張に行っていたし、元来身体も丈夫だし
そんなのに負けてられない!」と鼻息も荒かったのですが
レベルが5に引き上げられ、やはり家族も大反対
「何もこんな時に出張しなくても。そんなのに感染した日には、子供にも会えなくなるよ」のひと言に一気にトーンダウン。

やむなく出張は延期したものの、NEWアイテムの準備はぬかりなく進んでいます。現地に行かずとも、積み重ねたネットワークと経験で、(言い過ぎです)
イギリスチェアメーカー数社とNEWアイテムを商談中です。
以前は、一回の渡航で十数社のメーカーを廻り、「ムダ足」「無謀」に感じたこともありました。それが、ここへきて結構な力になっています。
ともあれ、この騒ぎが落ち着いたあかつきには、皆様にいただいた
バイイングパワーで「ビシッ」と仕入れに行きたいと思います。
もう少し時間はかかりますが、チェアNEWアイテムもこうご期待!


Nomura

 黄金週間 

2009/05/06

 連休となると「ドライブがてら」「行楽をかねて」と遠方のお客様の来店機会が多くなりますが、今年はETC効果もあり、より堅調でした。
GW中、お客様とお話しすると、「実は私もETC¥1000円の口です」と
笑顔がこぼれます。
嬉しいことに連休中も他府県からご来店のお客様に
沢山のご注文をいただきました。
「どうしても現品を見たかったので・・でも、来て良かったです。」と皆様の声
以前から、実際に見ていただければ、ある程度納得していただけるという小さな自信はありましたが、「ご来店」が「注文」に直結する光景は何度経験しても嬉しい光景です。

例年今頃だと、期末、繁忙シーズン終盤
  ・4月いっぱいはお届けラストスパート
  ・5月連休を向かえ少し落ち着き、決算処理
  (6月 年に一度の楽しみ、代休利用のリフレッシュ休暇♪)
という、パターンなのですが、GWに沢山のご注文をいただいたので、
「まだまだ」という雰囲気になってきました。
新製品の準備も重なり、仕上げ作業部隊と私の頭の中は、思わぬ(嬉しい)シーズン延長にアタフタ。。
(僕のリフレッシュ休暇は、はたしてとれるのか?)アタフタ。。。

そんな「アタフタ」男も、皆様のご来店をお待ちしております。
大切なお買い物にはETC割引。大いに価値有りです。

Nomura

 人気です。 

2009/4/19

 「10th ANNIVERSARY COLLECTION」で今、熱いのが
ワイドTVユニットシリーズ。
 ドクターキャビネットもなかなかの好評ですが、ご注文数ではバリエーションの多いTVユニットが勝ります。
ワイドのサイズ ●W1200 ●W1400 ●W1600 が定番3サイズで
その他も同デザインで「サイズカスタム」が可能です。

画像は、スッキリ、シックなエドワーディアンスタイル。
他、全体のコーナーが丸く、ろくろ脚のビクトリアンスタイルもまたまた
イイ感じです。
扉の中の機器を柔らかく見せるデザインガラスも標準で
「チェッカーガラス」と「ストライプガラス」より選択が可能です。

ガラスノブや真鍮ハンドルへの交換でユーザー様のオリジナルスタイルを
表現していただけます。
お好みのサイズ、デザインをご相談くだされば、
使い勝手のよいリビングの主役にお仕立ていたします。
人気です。

Nomura


 祝 ご入学 

2009/4/05

 めっきり春らしくなり、通勤途中の桜並木も見頃を迎えているようです。
今年もご入学の準備用に沢山のデスクをご注文いただきました。
例年の3月集中を見越して、今年はキャンペーンで「早期納品」をお願いしたので、1月、2月にだいぶんと分散できたのですが、それでも結局、在庫、仕上作業の日程がタイトになってしまいました。(嬉しいことです)
お客様との約束を優先し、身内には協力をお願いし
スタッフや友人宅の分はこの数日でのギリギリ納品になってしまいました。
それでも、何とか間に合い一安心。フゥ〜ッ
(いつも好意に甘えて、助けて貰ってばかりでゴメンネ。)

雑誌記事のお陰か、現在も毎週デスクの注文が続いていて、4月、5月もまだまだ、デスクのお届けは続きます。
デスクシリーズは嬉しいことにダイニングセットに続く、人気のアイテムに成長してくれました。早くも来期は「DESK COLLECTION」をどう進化させるか、いろいろと計画、妄想中です。

最後になりましたが、今春ご入学を迎えられる
ご家族皆様おめでとうございます。
ハーベストの家具がお子様の健やかなご成長の
パートナーとなれば幸甚です。

Nomura

 円高還元 リニューアル 

2009/3/29

ご好評いただいている、「円高還元」も春のリニューアル。
現在、
★イギリス製のみの対象(チェア、ミラーを除く)で
本体価格より7%還元割引+会員様割引
といった内容ですが、条件が多く判りづらい感がありましたので

4月よりスッキリ、リニューアル
☆日本製、チェア、ミラーも含む家具全品が対象となります。
●3万円以上 ご注文の場合
円高還元5%+会員割引5%=10%OFF
●30万円以上 ご注文の場合
円高還元5%+会員割引10%=15%OFF

定番商品、オーダー商品を含む全てが対象です。

お客様とお話をしていると「何とかやりくりをして、思っていたハーベストさんのパイン家具をやっと・・・」と嬉しいお言葉をいただきます。
(私も家族が増え、プライベートで結構「やりくり」しているので、よく解ります)

そんなお声にお応えできるよう、当社もバランスを崩さないギリギリのところまでは、使っていただきやすいよう努力したいと思います。

※少し「円安」の雰囲気も出てきたので、円高還元率は為替の動向により
  変更する場合もあります。予めご了承ください。

Nomura

 Dear PLUS 1LIVING 様 A

2009/3/15

 先般、「インテリアブランド研究」で取材をしていただいた、プラスワンリビング誌4月号が発売されました。
誌面もキレイにしていただき、雑誌社のプロカメラマンに撮っていただいた店内写真はどれもよく撮れていて「流石」のひと言です。
記事内に「野村さん」が沢山出てきて少々こっぱずかしい気もしますが、
やっぱり記事になるということは嬉しく、家族、知人にチョッと自慢してしまいました。

今回も「プラスワンリビングを見ました」とお問い合わせ、資料請求も沢山あり、デスクのご成約も数件頂きました。

発刊時に主婦の友社さんと広告代理店さんから見本誌が送られてきましたが、それとは別に「これはどうしても。。。自分のお金で」と本屋さんの棚からポケットマネーで二冊購入しました。
ハーベストユーザー様、ハーベストに興味を持っていただいている方
ぜひ、本屋さんでプラスワンリビング4月号をお求め下さい。
(ハーベスト掲載記念号です)

Nomura

 St Valentine

2009/2/25

 先日、バレンタインに遅れて、スタッフに逆チョコのプレゼントをしました。
全スタッフ、連日出荷のタイトスケジュールで、まともに休憩を取ってもらえない日が続いています。(逃げる二月はホントに日数、時間が足りない)
せめて、美味しくお腹だけでも満たしていただこうと・・・
セコイ私のニンジン作戦です。

正確にはチョコではなく、チョコケーキ「ガトーショコラ」
鎌倉のユーザー様「天使のケーキ Gateau d'ange」、で焼かれた優しい味の手作りケーキです。
ご自宅兼サロンを自身の設計で建てられ、家具をお届けしてからのお付き合いです。
パンやケーキが来たり、家具が行ったりしていますが、
それ以外にもご夫妻からいつもいろいろエネルギーを貰っています。
今回「お客様の声」のページをご案内したら、早々に画像付きコメントを送っていただきました。いつもご愛用応援有り難うございます。

バイタリティーあふれる、ご夫妻のページもご紹介しておきます。
http://www.gateaudange.com 「天使のケーキ Gateau d'ange」

こんないろいろお互い様で、
ハーベストは今日も忙しく、気持ちよく営業中です。


Nomura

 大安吉日 

2009/2/5

 2月の大安吉日 一日だけお休みをいただき、チビの初宮参りに行ってきました。
場所は実家近くの多賀大社。小さい頃から、この辺でよく遊び、境内で三角ベースや缶蹴りをして叱られたりしたこともありました。(バチアタリ〜)
それからも節目節目にお参りに訪れて
昨年秋の出産の時も夜中に駆け込み、無事の出産をお願いしていました。

以前は「神頼みなんか・・・」と思っていましたが
最近は、この清々とした空気と、自分が今何を大切に思っているかを明確にできる、「お参り」という行動が結構好きになっています。
この日も、チビの健やかな成長のお願いはもちろん、仕事のことも今の状況への御礼、感謝で手を合わせてきました。

我が家のチビも無事誕生百日を祝え、華奢だった身体も、手足はボンレスハムになり、顔もまんまる、体重も5000gを超えました。
(お祝い等のメールも多数頂きありがとうございました。)

「おかげさま」の
親バカシリーズでした。

Nomura

 Dear PLUS1LIVING誌 さま 

2009/1/25

 先日 インテリア誌プラスワンリビング(主婦の友社)誌の編集者さんが遠路東京から取材に来てくださいました。
昨年末、「誌内企画の〈インテリアブランド研究〉で紹介したいのですが」
とメールを頂いた時、思わず「本当にうちなんかでいいんでしょうか?」と返信をしてしまいました。恐縮至極ですが、「喜んで!」と今回の取材をお受けしました。

プラスワンリビング誌(以下 P1L)を初めて手に取ったのは、十数年前。ハーベストの立ち上げ準備に入ったとき、インテリアの知識など殆どなく、とりあえず書店に行って、インテリア誌を片っ端から買い込みました。その中で誌面もきれいで(もちろん内容も)気に入ったP1Lを毎月購読するようになりました。
ハーベストは無事開業の運びとなり「いつかはうちも・・・」と思い続け、開業5年目には小さな広告を掲載することが出来、全国からの沢山の反響を頂きました。
近年はそれなりの広告を定期的に載せられるようになり、毎回好反響です。先日発行された2月号(1月売)分の広告でも、発売以来「プラスワンを見ました」と資料請求ならびにお問い合わせも多く、すでに数件のご注文もありました。
地方の小さな会社が、年間千数百台のパイン家具を全国で使ってもらえるようになったのは、P1Lさんの力をお借りできたのも大きかったと思います。

プライベートで十数年、仕事として会社で6年 結構長いお付き合いになってきましたが、今後ともよろしくお願いします。

Best regards

Nomura




今回取材分は4月号(3月7日発売)に掲載予定です。
 ”SUPREME” 

2009/1/18

 昨年からず〜っと準備していた、新しいシリーズ”SUPREME(スプリーム)”をやっとご紹介できるようになりました。
このシリーズには私の「こんなのがあったらいいなぁ」っていう憧れがいっぱい詰まっています。もちろん素材はカナダ産ホワイトパイン材を仕用。
なかでも木目や節目がキレイなものを厳選し、贅沢に使用しています。
また国内工房の職人さんの手により、一台一台丁寧に組み上げられるので、特に「造り、木目にもこだわる」という方にもお奨めです。

実はこの”スプリーム”という名前を付ける際、かなり迷いました。
”SUPREME”を辞典で調べてみると「最高の」「至高の」「最大限」と記載されています。
自信が無いわけではないですが、自社の商品に「至高」はおこがましすぎるのではないかとも感じ躊躇しました。
最終はハーベストが今できることを「最大限」に表現したとご理解いただければ・・・と厚かましく”SUPREME”と名付けました。

   ●繊細で贅沢な日本製”スプリーム”シリーズ
   ●パイン家具本場のイギリス製オリジナルシリーズ

 「どちらのシリーズも魅力的だなぁ」 なんて「迷う」「選ぶ」楽しみを味わっていただける と嬉しいです。

Nomura

 初荷 

2009/1/9

 年末に入港していた、イギリスからのコンテナが通関検査を終え、年明け早々の初荷として、ハーベストに到着しました。
ほぼ全種完売だったチェスト、シーズンインしたデスク、
その他完売していた多くのアイテムがビシッと入ってきました。

昨年チームハーベストはそれぞれのプライベートでも「おめでた」満載の
良い年でした。結婚が二組続き、私も子供を授かるという
「HARVEST(豊作)」な一年でした。(メデタイ)
また、休み明けに懐妊中女性スタッフから「無事、女の子が生まれました。」
と連絡をもらい、年が明けてもまだまだメデタイハーベスト運は続いているようです。

業務でも「不景気」といわれるなか、昨秋からご注文分の仕上げ作業もフル稼働で、すでに3月中旬お届け分まで、ご予約注文をいただいています。
(少人数による手作業なので、お待たせしております。スミマセン)
こんな「勢い」が今年も続くように、ただひたすら真摯に「家具に」「お客様に」向かい合いたいと思う新年のスタートです。

本年も何卒よろしくお願いします。




Nomura


●このページの最初へもどる●

●もどる●